新型コロナウイルスワクチン1回目の接種

明星学園では法人全体の取り組みとして進めている、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのワクチン接種を施設利用者の方に行っています。先日1回目の接種が終了いたしました。2回目の接種も予定されていますが、今後も日々の検温や消毒など感染予防に努めてまいります。

食育活動

7月20日(火)児童グループで食育活動を行いました。

今回は学校で育てた野菜を使い、役割を分担して調理してもらいました。

食べやすい大きさに切って、ホットプレートで焼いて・・・

コミュニケーションを楽しみながら協力して作り上げることができました。

焼き上げた野菜は、香ばしい匂いを感じながらみんなで試食しました。

 

夏野菜のおいしさを改めて感じることができたのではないでしょうか。

笑顔がたくさん見られる食育活動になりました。

 

 

カラオケ活動

歌を歌うことは多くの利用者の皆さんにとって、大好きな時間の一つです。

 

明星学園では換気の徹底した中で、距離感を保ちながらカラオケを楽しんでいます。思い思いに熱唱される方、大好きなフレーズを口ずさまれる方、言葉はなくてもメロディーを口ずさまれる方など、楽しみ方は様々です。

 

 

 

『音楽は世界語であり、翻訳の必要がない。そこにおいては、魂が魂に話しかけている。』

G線上のアリアで知られる「音楽の父」J.Sバッハの言葉です。まさにその通りだと思います。音楽を通じて利用者の皆さんはコミュニケーションを楽しまれていました。

ダンス活動

利用者の皆さんは音楽に関わるものが大好きです。今回は活動として「ダンス活動」に取り組まれました。テレビをモニター代わりにして睨めっこしながら、「マルマル、モリモリ」、「U.S.A」の二曲を踊りました。踊りでは難しい部分もありましたが、利用者の皆さんそれぞれの個性がでた活動となりました。

 

  

カシオペア活動

今回は、カシオペア室を利用してパズル活動や絵画に取り組みました。パズル活動では、う~んと悩みながらパズルを1つ1つ当てはめ、楽しまれる様子が見られていました♪

絵画活動については、ある利用者の方がライオンを描いてくれました。この作品は、施設内へ掲示も行っています!
「美術は人間の手・頭・心が一体を成す」ジョン・ラスキンの有名な言葉です。ライオンの絵画もまさしく、利用者の皆さんの純粋な気持ちが現れたものではないでしょうか。

心の現れる活動・作品作りに今後も努めて参ります。

5月地域清掃

毎月行われている地域清掃に行ってきました。今月は八房神社を訪れ、しっかりとお参りをした後に神社周辺のゴミ拾いを開始。

限られた時間内ではありましたが、参加して下さった利用者の方は一生懸命に落ち葉やゴミを拾い、地域清掃に貢献して下さいました。

久しぶりの晴天(中庭活動)

例年より梅雨が早まり、天候不良のため中庭活動ができない状況が続いていましたが、約2週間ぶりの晴天で久しぶりに中庭活動を行うことができました。気持ちの良い青空の下、音楽に合わせて歩いたり、走ったり、踊ったりと皆さん良い気分転換になったようです。カメラに向かって笑顔でポーズをとって下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

中庭活動

 

温暖な気候に入り、中庭での活動を楽しまれています。皆さん、歩行活動を行われているようです。皆さん、思い思いのペースで職員と歩行を。また、職員がカメラを向けるとポーズをとって下さる利用者さんも。

身体をいっぱい動かし、リフレッシュを図られているようでした。

 

 

 

 

 

 

 

ラジオ体操

 

 

4月に入り、新年度を迎えました。気候も暖かくなってきており、利用者の皆さんも身体を沢山動かされています。本日はラジオ体操を通じて、全身を伸ばす運動を。

昭和3年に始まったラジオ体操も今や令和の時代にまで親しまれています。利用者の皆さんにとっても親しみ深いこの体操は、活力にも繋がっているようです。

 

 

八房神社清掃

3月24日、八房神社の清掃活動を行いました。

令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、感染防止対策を

十分に行うことで実施しました。

枯れ葉をほうきで取り、神社が綺麗になっていく様子に利用者の皆さんも嬉しそうで、

美化に対する意識が育まれたようでした。

こんな時に思い出すのは、マザーテレサのある言葉です。

「わたしたち一人一人が、自分の玄関の前を掃除するだけで、全世界はきれいになるでしょう」

 

私たちも継続して、地域が綺麗になるよう清掃に努めて参ります。