~食育~

食べ物や料理に興味を持ってもらうことを目的によつばグループで食育を行いました。

今回の食育では、本日の献立であるカレーライスにちなんで、『カレーライスのうた』のパネルシアターを行いました。

まず始めは、材料の確認です。野菜のパネルを見せながら「これは何かな~?」と聞くと「にんじん~‼」「じゃがいもっ‼」と元気よく答えてくれた子ども達。

 

次は確認をしたパネルの材料を使ってカレー作りです。
「どうなるかな?」と目を輝かせ、最後まで集中して参加してくれました。

今後も食事の時間が子ども達にとって楽しい時間となるような活動を提供していきたいと思います。(中川)

たんぽぽ 折り紙

折り紙あそびでは来月の節分に向けて,「鬼」をモチーフにした箱を作りました!

今回の作品は難易度がやや高めの作品です。

 

折り方を説明する際は3つずつ段階を踏みながら折り方を説明することで,完成までの長い道のりも諦めることなく取り組むことができました。

支援者と一緒に折り方を確認すると,「できた!」「先生と一緒の形だ!」と手本と同じ形になっていることを喜ぶ子ども達の姿があり,達成感に繋げることができました。

指先に力を入れて折り目をつけることが難しい子どもには,「アイロンはばっちりかな?」と声掛けを行いながら「ぎゅっぎゅ!」と指先に力をこめて紙を滑らす手本を示すことで,意識して取り組むことができていましたよ!

鬼の顏の形が完成すると丸シールとペンで装飾し ,思い思いの鬼が出来上がりました!

最後にみんなの前で行った発表では自分の顏に似せたことやお母さんに似てしまったこと等,面白エピソードが沢山聞けて最後まで楽しい時間となりました☆ (卜部)

 

よつば お絵描きあそび

よつばグループでお絵描きあそびを行いました。
大きな用紙にクレヨンと色鉛筆で,思い思いに絵を描いていく子どもたち。

ぐるぐると円を描いたり,横に波線を描いたりとお絵描きを楽しむ姿が見られました。

色鉛筆を三指握りで握ったり,

支援者が描いた絵の枠を意識しながら色を塗ったり等と,

子どもたちの成長を感じる時間となりました。(坂上)

節分

今日は『節分』👹‼

ということで,各グループで節分にちなんだ活動を行いました。

『まめまき』のお歌を歌ったり,鬼に見立てたピンを使ってボウリングをしたりと,節分を体験することができました。

「鬼さんやっつけたよ~!」と誇らしげな表情で教えてくれたお友達もいましたよ。🥰

給食では,『恵方巻き』を提供しました。

恵方巻きは,七福神にあやかって7種類の具材を使っており,それを巻き込んで食べる,ということから,無病息災の意味が込められているそうですよ。今年の恵方は南南東!みんなもりもりと食べ,「美味しかった~!」ととっても満足そうでした!

これからもひこばえの子ども達が元気に幸せに過ごせますように🌟(園中)

つくし 餅つきごっこあそび

今日は餅つきごっこを行いました。牛乳パックで作った杵でお餅に見立てた片栗粉スライムをつく「ごっこあそび」です。

始める前に実際に使う道具を提示したり,手本を見せたりすると,「これはなに?」「わーい!やりたい!」と興味津々な様子。

みんなでついた後は,お餅のようにころころ丸めながら感覚遊びを楽しみました。「ペタペタするね」「冷たいよ」と感触を伝えてくれた子どもたち!

 

今後も季節を感じることのできる遊びを取り入れた活動を行っていきたいと思います。    (上原)

~郷土食(大阪府)~

ひこばえでは各地の伝統的な食文化を知る機会として、毎月いろいろな地域の郷土食を提供しています。
今月の郷土食は大阪府の「かやくご飯」「肉吸い」「鯖の煮つけ」で、おやつは「お好み焼き」でした。

 

「かやくご飯」の「かやく」とは漢方の用語で主要薬に対する補助的な薬(加薬)の意味です。料理では主材料に加える補助材料を「加役」といい、かやくご飯は加役を入れた炊き込みご飯のことです。
「肉吸い」は肉うどんから、うどんを抜いたもので大阪名物です。「肉の吸い物」と呼ばれ、それが短くなって「肉吸い」と呼ばれるようになったと言われています。
「鯖の煮つけ」は大阪では味噌ではなく、醤油ベースの出汁で煮付けることが多いことから、今回は醤油味です。
おやつの「お好み焼き」は子どもたちもよく知っていて、食べるのを楽しみにしていました。

  

来月は埼玉県の郷土食を予定しています。楽しみにしていてください‼(中川)

雪あそび

今年も子ども達の元気な挨拶で,新しい年がスタートしました。🎍

一人ひとりの元気な姿を見ることができ安心しました。

昨日より雪が降り始め,ひこばえには約2センチ程の積雪がありました。

めったに見られない雪に子ども達は大喜び!🤩

 

足跡をつけたり,雪だるまを作ったりと思い思いに雪遊びを楽しみました。⛄🎶

お昼からは太陽が顔を出し,あっという間に雪は溶けてしまい,「もう雪溶けちゃったね」「また見たいな」と話す子ども達でした。(妙円園)

~家族通所:クリスマス発表会~

今年度の発表会は,感染症拡大防止に配慮し,2日間に分け短時間で実施しました。

ソーシャルディスタンスを考慮した座席の配置や人数制限等,制限の多い会となりましたが,保護者の皆さんのご理解・ご協力のおかげで無事終えることができました。本当にありがとうございました。

保護者の皆様が見守る中,緊張しながらも一生懸命頑張って取り組んだ子どもたち。一人一人の成長や笑顔を見て,私たち支援者もとても嬉しかったです。頑張った子どもたちにはサンタさんからプレゼントが贈られ,笑顔あふれる発表会となりました。これからも皆さんと子どもたちの成長を共有していきたいです。(奥)

 

    

12月クッキング(デコレーションケーキ)

今月のクッキングはクッキングはクリスマスにちなんで、デコレーションケーキを作りました。
通所すると「今日はケーキを作るんだよ!」と話をする子ども達。楽しみにしている様子が伝わってきました。

  

三角形のカステラ生地の上に生クリームを絞り、フルーツやチョコレート菓子などのトッピングを自由に好きな物を選んで、飾り付けをしました。
自分だけのオリジナルケーキを作ることができ子ども達は目をキラキラとさせ大喜び。

完成したケーキをペロリと食べる子や、大事そうに少しずつ食べる子など色々な可愛い姿が見られました。
家族で食べるクリスマスケーキも楽しみにしているようでした♪(中川)

~食育~

食育ということで今回は、パネルシアターを用いて赤・黄・緑の3色の食べ物の働きについてお勉強しました。

 

「赤の食べ物は筋肉を作ったり、体が大きくなるために大事な食べ物だよ。」「黄色の食べ物を食べると元気になって、外でいっぱい遊べるよ。」
「緑の食べ物は野菜や果物だね。風邪をひきにくい体を作ってくれるよ」とイラストカードを提示しながら伝えました。一生懸命話を聞くかっこいい姿が多く見られました。


3色の食べ物の働きについて学んだ後は料理カードを使ってお弁当作りを行いました。「はい!作りたい!」「やりたい!」と手を挙げて積極的に参加することができた子ども達でした。

 

食育活動の後の給食時間では、「これは黄色の食べ物だよね」「見て!全部食べたよ!」と子ども同士で話したり、支援者に教えてくれたりして学んだことを発揮できました。

 

食への興味がより一層高まったように感じました。これからも楽しめる食育活動を続けていきたいです。(中川)