6月 親子療育

6月25日に親子療育を行いました。今回は、「フォトフレーム作り」「きらきらスライム作り」と2部構成で実施しました。事前に参加する活動を選択してもらいました。

フォトフレームづくりでは、スティック棒を用いて、枠作りから始めました。ボンドを使い、四角や五角形等、「こうかな?」「四角がいいんじゃない?」と親子で形を相談しながら決める姿がみられました。枠が決まると今度は装飾です。レゴブロックやボタン、ペン等を用いて、「ここにブロックをつけたい!」「かわいいね!」等、楽しく取り組むことができていました。

 

 

 

 

きらきらスライムづくりでは、スライムの材料を確認しながら計量用のコップを使い、親子で一緒に作りました。材料の分量を確認しながら多すぎず、少なすぎないよう分量に合わせて取り組めていました。最後はきらきら光るグリッターの登場です。「青がいい!」「赤と黄色混ぜてみたい!」等、好きな色を選びながら混ぜて楽しみました。実際に感触を楽しんだり、親子で会話をしたりしながら変化を楽しんでいました。

 

 

 

 

今後も感染症対策にも留意しながら親子で楽しめる活動を企画していきたいと思います。今回はお忙しい中、ご参加いただきありがとうございました。(下池)

 

~食育(歯について)~

6月は「歯と口の健康週間」ということで、食育を通して歯と口に関する活動を行いました。

たんぽぽグループとつくしグループでは、
「よく噛んで食べよう」というテーマで、絵本の読み聞かせと○×クイズを行いました。
『かむ にんじゃ』という絵本を見て、いっぱい噛む大切さを学んだ子どもたち。その後の○×クイズでは自信満々に、手を大きく○、×にして答えることができました!
給食の時間には、「いっぱい噛もう!」「30回噛めるかな~」と噛むことを意識しながら食べていましたよ‼

よつばグループでは、
「歯みがきの大切さを知ろう」というテーマで、自分の歯の観察と歯磨きシアターを見る活動を行いました。
歯の観察では、子どもたちは鏡に向かって「あー!」「いー!」と口を動かしながら、鏡に映った自分の口を興味深そうに見つめていました。


歯磨きシアターでは、おやつを食べた後に歯みがきをしないで虫歯になってしまったクマさんのお話をしました。クマさんが虫歯になる様子を心配そうに見ていた子どもたち。クマさんの歯を磨く場面では子どもたちも歯みがきに協力しくれました!

ご飯をよく噛んで、歯を大切にすることは、美味しく食べることや健康な体作りに繋がります。今回の活動を通して、子どもたちの噛むことや歯磨きへの関心が高まると嬉しいです。(中川)

よつば 袋あそび

今回は,よつばグループの袋あそびについて紹介します!

 

カラーポリ袋を膨らませて大きな袋風船を作りました。風船を投げたり風船の上に座りながらジャンプをしたりして身体を動かす子どもたち。たくさん動いた後は袋の上に寝転がり,冷たい感触を味わいながらリラックスする姿もありました。

また,袋の中にスライム,片栗粉粘土,水,ジェルボールなどを入れたセンサリーバッグ(子どもたちの五感を刺激する知育玩具)も用意しました。手で揉んだり足で踏んだりして袋の上から感触を味わうことができました。中に入っている素材によって触り心地が異なるため,実際に触りながら好きな感触の素材が入っている袋を見つけることができました!(マルデリ)

たんぽぽ 制作あそび

たんぽぽグループの制作あそびの様子を紹介します。
今月は梅雨の季節に活躍する傘を作りました!!

 

 

まず始めに、台紙に描かれている○の中をクレヨンで塗りつぶしました。「何色にしようかな」「いろんな色を入れたい!」等思い思いに取り組む子どもたち。中には「はみ出してもいいの?」と心配そうな様子もありましたが、「はみ出しても大丈夫だよ。」「先生と一緒にやってみよう!」と働きかけることで安心して色塗りできました!

 

できあがった作品は、廊下に掲示して他グループのお友達や支援者にも見てもらっています。自分の作品が飾られて子どもたちもうれしそうです。(奥)

つくし ボールあそび

つくしグループの「ボールあそび」を紹介します。今回はバランスボール、的当て、玉入れの3つのコーナーを設定しました!

支援者がそれぞれの遊び方について手本を示しながら説明すると、「やってみたい!」「ぼく的当てがいい!」と意欲的な子ども達。それぞれ好きな遊びを選択してボールあそびを楽しみました。
中には「難しい…」「入らないよ…」と困ってしまう場面もありましたが、支援者が手添えをしたり、的の高さや位置を工夫したりすることで、「できた!」という達成感に繋げることができました。

今回のボールあそびのように、1つの道具で様々な遊び方を設定することで、子ども達の興味関心の幅を広げたり、「やってみよう」と挑戦する気持ちを引き出したりすることができるよう工夫していきたいと思います!(新村)

保護者研修

令和4年5月28日(土)に年中、年長児の保護者を対象に「就学についての学習会」を行いました。今回は、鹿児島市教育委員会より山下先生をお招きし、就学に向けた流れや手続き等について、ご講話いただきました。

「就学先はどうやって決めたらいいの?」「就学相談会ではどんなお話するの?」等と、保護者のみなさんが気になっていることを中心にお話していただきました。就学までの流れを整理しながら、「通常学級」「通級指導教室」「特別支援学級」「特別支援学校」とは何かどのような事に取り組んでいるのか、それぞれの特徴についても教えていただきました。入学に向けての準備や就学を検討するにあたってのポイント等を踏まえ,丁寧にご説明いただき,最後の質疑応答では保護者の方から積極的なご質問等もありました。

今後も、ご家庭、関係機関と連携を図りながら子どもさんたちや保護者の皆様が安心して就学先を迎えられるようサポートしていきたいと思います。(下池)

~行事食(こどもの日)~

5月5日の給食は「こどもの日」の特別メニュー。

☆メニュー
・トルコライス
・コールスローサラダ
・コンソメスープ
・こいのぼりロール

鯉のぼりの絵が描かれたこいのぼりロールに大喜びの子どもたちでした!

今後も食事を通して、様々な行事や文化を伝えていきます。(中川)

よつば 風船あそび

今回は,よつばグループの風船あそびについて紹介します。

よつばグループの子どもたちは,身体を動かすことが大好きです!風船とボールを入れたプールを用意すると,自ら中に入り全身で感触を味わったり,好きな色や形の風船を見つけて大事そうに抱えたりする子どもたち。笑顔や笑い声から,楽しさが伝わってきます!

今回取り組んだあそびは他にも様々な遊び方があり,風船の中に小麦粉,鈴,ビー玉,水を入れ,いつもと違った風船の感触を味わったり,圧縮袋に風船を詰めて風船ベットとして寝転んだりなどがあります。風船の割れる音が苦手な子どもさんへは空気の少ない風船を準備すると割れても音が小さいのでおすすめです。遊び方に応じて大きさや感触を調整しながら,ご家庭でもぜひお試しください!(マルデリ)

朝の清掃

子どもたちやご家族、地域の皆さんに安心・安全にお越しいただけるように、私達支援者は、清掃や消毒等をこまめに行っています。

 

ゴールデンウイークも明け、梅雨の時期に入りますね。
交通安全や体調面により気を付け、子どもたちと一緒に四季を感じながら1日1日を大事に過ごしていきたいと思います。(妙円園)

つくし 指先あそび

つくしグループの「指先あそび」を紹介します!今回は洗濯バサミを使った活動を行いました!

    

 

支援者が手本を見せながら説明を行うと、台紙のイラストを見て「おさるさん!」、「ライオンだ!」と興味津々の子どもたち。始めにクレヨンで好きな色を選び、お絵描きを楽しみました。次に台紙の黒いシールが貼られた目印に洗濯バサミを付けていきます。親指と人差し指で開く、挟む動作に集中して挑戦していました。「難しい」となる子どももいましたが、支援者が手添えや再度手本を見せることで「やってみよう!」の意欲を引き出すことができました。

  

 

これからも様々な指先を使った遊びを通して、指先の発達を促しながら身辺面(ボタン掛けやお箸動作など)の動作獲得や活動への意欲向上に繋げていきたいと思います。