節分

2月2日(土)、節分行事が行われました。まずは皆さんで、節分の由来や節分に関する豆知識などを紹介する動画を観賞し、豆まきを楽しむための勉強を行いました。その後、美術の時間で製作したお面を身につけ、たくさんの豆が入ったマスを片手に豆まき練習に取り組みました。そこへ鬼が登場し、「鬼は外、福は内!」のかけ声をしながら、皆さんで力を合わせて鬼退治に成功することができました。今年も福でいっぱいの一年を過ごす事ができそうな節分となりました。

  

3グループ活動(水族館)

1月17日(木)に、3グループの皆さんで鹿児島水族館へ行ってきました。水族館へ着くと、早速イルカプールへ移動し、お昼のイルカショーを観覧しました。大きなジャンプなど様々な芸を披露するイルカたちに、皆さんもとっても嬉しそうな表情をされていました。その後も、黒潮大水槽や水槽のトンネルなどで、様々な海の生き物を見ることができました。

  

 

2グループ 凧あげ

皆さん年末年始はご家族と楽しく過ごされ、7日月曜日は今年最初の来所の方もいらっしゃいました。午前の活動は皆で、凧あげを中庭でしました。風がちょっと冷たかったですが日が当たると暖かく、元気に走って凧が上がると「あがった」と嬉しそうでした。今年も、楽しい活動をたくさんしましょうね。

  

  

クリスマス会

12月24日(月)クリスマス会を行いました。皆で飾り付けなどを準備し多くのご家族を迎え、午前中はクリスマス演奏会で少しずつ練習を重ねてきたハンドベル演奏、ダンス、楽器演奏、合唱を披露しました。多くのご家族に、少し緊張している様子も見えましたが、笑顔も多く上手に発表ができたと思います。昼食の美味しいバイキングでお腹一杯になって、午後からは一年を振り返りながらスライド鑑賞を行い、クイズの後は待ちに待ったサンタクロースに歓声が上がり、サンタのダンスの後プレゼントを配ると、とても嬉しそうな笑顔があふれていました。利用者、ご家族、職員が一緒に楽しく過ごした1日になりました。

       

ハンドベル演奏発表

今年度も奏の丘とサポート明星の利用者でハンドベル部を結成し、10月から12月にかけて、犬迫町のくすの木グリーンハイツ、石谷町の健生苑、発達センターひこばえ、ディライト明星にてハンドベルの演奏発表を行いました。「ふるさと」「上を向いて歩こう」「jupiter」「ジングルベル」等の曲を披露したのですが、良い音を奏でる事ができ、練習の成果を十分に発揮する事ができました。演奏発表後は、皆さんから温かいお言葉や拍手をいただき、演奏者からは笑顔も見られました。今後も練習を積み重ねていき、演奏の質を高めていきたいと思います。

 

 

あったか交流フェスタ

2日(日)にハートピアで行われた、あったか交流フェスタに参加しました。活動で作成した、陶芸品・手工芸品(アイロンビーズ・フェルト・羊毛・ビーズ)・紙工芸品を訪れた人に販売し、買われた人に「ありがとう」と言われると嬉しそうな笑顔の皆さんでした。その後、交代で他の売り場を見て回り買い物も楽しまれました。

 

 

妙円寺詣り

奏の丘初の行事、妙円寺詣りを行いました。当日の朝は、職員と一緒に歩くルートの確認を行うなど楽しみにされている様子で、お天気も良く秋晴れの下、交通ルールを守り元気に笑顔で、日置市市役所から徳重神社まで約2kmを20分かけて歩くことができました。途中たくさんの旗を興味深そうに見て、職員に尋ねる利用者もいらっしゃいました。

         

ウォーキング(チェスト館)

10月17日(水)にウォーキングを実施しました。今回のウォーキングでは、チェスト館付近の歩道を歩いたり、チェスト館敷地内の散策等を行いました。お天気も良く、皆さん景色を眺めながらにこやかな表情で歩いていらっしゃいました。歩いた後は、遊具で遊んだり、ベンチに座りながらお茶等を飲み、楽しい時間を過ごすことができました。

エコキャップ寄贈・買い物学習

9月26日(水)、4名の利用者の方が参加し、イオンモール鹿児島へエコキャップ寄贈を行った後、ダイソー松元店にて買い物学習を行いました。今回の買い物学習では、奏の丘で使う備品や活動で使うビーズ・シールなど、一人一個ずつ購入していただきました。利用者の方には事前に購入する商品をお伝えし、前日までの活動の中で数字や支払いの練習を行いました。当日はそれぞれ自分の購入する商品を選び、支払い時はしっかりと金額を確認しながらお金を出すことができました。今後も買い物学習に向けて、活動内で取り組みをしていきたいです。

  

2グループ活動~セイカ工場見学~

9月25日(火)、日置市に昨年10月に新しくできた、セイカ工場に見学に行ってきました。日置市の工場ではアイスクリームを作成しているとの事で、皆さん行く前から楽しみにされていました。13時頃到着すると、4体の白熊さんが玄関ホールでお出迎え。ちょっと緊張して、職員の傍を離れない方や興味津々に近くに行きじっと見られる方とそれぞれでした。まずは、2階の大きな部屋で工場内を撮影したDVDを見て、どのようにアイスクリームができるのかを皆さん真剣に見ていました。その後、実際にアイスクリームのできる所を見学。チョコレートアイスが沢山コンベアで流れてくると職員も一緒に見入ってしまいました。最後は、アイスクリームの試食を行い皆さん美味しそうに食べられ、楽しい時間となった様子でした。