地域の方と交流を深めました

11月11日(月)に、仁田尾後公民館の方々が来園されました。

9名とたくさんの方々がお越しくださいました。

避難訓練の様子を見学していただいたり、ぶどう組のお遊戯、幼児クラスの合唱を観ていただいたりしました。

 

その後、みかん組とぶどう組の子どもたちが肩たたきをして交流を深めました。

子どもたちは少し緊張した表情でしたが、徐々に緊張がほぐれてきた様で最後には笑顔で接することが出来ていました。

お見送りの際には、「発表会観に来てね」と声を掛ける姿も見られました。

子どもたちにはとてもよい経験となりました。

 

芋ほりをしました。

 ・好天のもと、JAの方々のお手伝いをいただき芋ほりを実施しました。子ども達は真剣な表情で掘り始め、お芋が見えると、「出てきたよ!!」と掘る手を速めていました。掘るコツをつかむと嬉しさも倍増。どんどん掘っていき、たくさんのお芋がとれました。登園後から、「おみやげに持って帰れるかな?」と楽しみにしていたお芋ほり。数個ずつ、全員がお持帰りができ、大喜びでした。

クッキングがありました

今月のクッキングは、りんご組さんが初めて参加しました。

今回は『おにぎり作り』。お米を触ってみたり、お米が出来るまでの話を聞いたりしました。

ぶどう組さんが洗って炊いてくれたご飯に好きなふりかけをかけ、おにぎりを握っておいしく頂きました。

ご飯の炊けるいい匂いに「早く作りたい」と言う子、出来たおにぎりを食べ「おかわりしたい」と言う子、秋に収穫できるお米のおいしさを体いっぱい感じた子どもたちでした。

 

少しずつ寒さも増してきています。木々を使って砂場で遊んだり、バッタやカマキリがいなくなったことに気付いたり、季節の移り変わりも感じながら過ごしています。様々な体験や経験から豊かな感性が育ってほしいと思います。

松元地域総合文化祭に出展します!

松元地域総合文化祭に、ぶどう組、みかん組、りんご組の3クラスが作品を出展します。

左からりんご組、みかん組、ぶどう組の作品です。

りんご組は発表会の招待状、みかん組は焼き芋、ぶどう組はフクロウを作りました。

それぞれの個性が出る作品が出来上がりました。

 

松元地域総合文化祭は、11月7日(木)~11月10日(日)の期間、松元公民館で行われます。

時間は8:30~17:00(最終日は13:00)までになります。

お時間がありましたら、ぜひ御覧ください。

クラスの活動(もも組)

今日は、ハローウィンで使うお菓子を入れる袋に貼るパンプキンおばけを製作しました。のりをお母さん指につけてぬるというお約束を守り、お手本を見ながら一生懸命作っていました。途中で手が汚れたと席を立つこともなく、最後まで座って活動できていました。「楽しかった。」と言い、作品を持って来てくれる子もいました。

パンプキンおばけ製作後、動物パズルで遊びました。一人一人集中して自分の力でパズルを組み立てていてとても楽しんでいました。

今日の給食は、粟ご飯、シイラのタルタル焼き、カミカミ中華サラダ、豆腐のみそ汁でした。みんな好き嫌いせず、美味しそうに食べていました。みんな完食でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り物体験

ぶどう組さんが、列車やジャンボタクシーを使って、乗り物体験をしました。

初めて自分たちで切符を買って列車に乗り、満足そうでした。

水族館に着いていろいろな魚をみています。

備えてある資料を見て、魚の名前を声に出して読んでいました。

自分たちで手作りした魚を釣る遊びも体験しました。

たくさん遊んだ後にみんなで記念写真を撮りました。

「イエィー、みんなでピース」

 

コンサート鑑賞会がありました♪

 

10月4日金曜日、ハッピーブリンデンの方々による観劇会がありました。

手話を交えた劇や歌のコンサートに子どもたちは興味津々。

更に、サプライズでお誕生日が近い職員とお友達のお祝いもしてくださいました。

 

初めての参加型コンサートに少し緊張しながらも、最後には音楽に合わせて身体を動かしたり、自ら舞台に上がって楽しんだりする姿がありました。

 

最後は子どもたちを代表して、ぶどう組のお友だちがお礼の言葉を述べ、ハッピーブリンデンの方々も嬉しそうに握手をしてくださいました。

 

体操の日でした!

25日(水)は体操の日でした。

みかん・ぶどう組さんは、けんけんぱやジャンプに挑戦しました。

 

もも・りんご組さんは、動物になりきって遊びました。

いちご・さくらんぼ組さんは、マットの感触を楽しみながらごろごろしました。

身体をのびのびと動かして、子どもたちは笑顔いっぱいでした!