韓国岳登山

コロナウイルス感染で諸行事を控えておりましたが、利用者さんからの強い要望があり、紅葉も見頃のニュースも流れており、気分転換を兼ねて令和2年11月15日(日)利用者6名、職員4名による韓国岳登山を決行しました。

韓国岳は高千穂の峰と並び霧島連山の象徴的な山で標高1,700メートル、春はミヤマキリシマ、天然記念物のノカイドウ、秋はススキ、紅葉が登山道沿いで楽しめます。

当日は、快晴、気候も温和で絶好の登山日和となりました。

11時にえびの高原エコミュージアム駐車場を女性参加者3名も一緒に登山を開始しましたが、登山道は硫黄山の噴気で山中への迂回路となっており、急坂を休憩しながら黙々と山頂を目指しましたが、流石に街中暮らしの女性の足腰には厳しく無理は禁物、大事をとって四合目近くでリタイア、職員2名が付き添い引き返すことになりました。

残り5名はそのまま登山を続け予定の13時過ぎには山頂へ到達、心地よい冷風の中で弁当を広げ、眼下に広がる景観を楽しみ記念写真。13時30分には下山を開始し、復路も同コースを辿り無事に15時過ぎに出発地に戻りました。

リタイア組と合流、紅葉を楽しみながら霧島神宮を参拝し18時過ぎにはサポートハウス事務所に無事に帰還しました。今回は残念ながら全員での山頂到達はできませんでしたが、「また是非登りたい」との声が聞かれ、足腰を鍛え再チャレンジしたいと思います。

動物園

9月13日(日)、サポートハウス坂之上石塚の利用者さん4名は、坂之上のバス停からバスに乗り、平川動物公園と錦江湾公園へ行ってきました。動物園ではチンパンジーやコアラの赤ちゃんを見たり、錦江湾公園では遊具で遊んだりして、楽しい一日を過ごすことができました。

今回は携帯の消毒液を持って行き、その都度、利用者さんの手の消毒をしました。また、日曜日にバスに乗るため、密にならないか心配しましたが、バスも動物園もお客さんが少なくて良かったです。

幻に終わったヒマワリ見学

8月23日(日)、サポートハウス石塚の利用者さん4名と職員で、都市農業センターへドライブに行きました。以前「都市農業センターに植えてある、ヒマワリ畑を見てみたい」と利用者さんから要望があり、今回ヒマワリを見に行ったのですが、ヒマワリ畑はお盆までで全て刈り取られており、今は秋に向けてコスモスの種を植えているとのことでした。

ヒマワリを見ることができず残念でしたが「今度は秋のコスモスをみんなで見に行こう」と帰りの車中で話すことでした。

避難訓練

8月に入り、サポートハウスでは坂之上向原を皮切りに、5グループホームの避難訓練を実施しています。

今回の訓練は消防の立会いはなく自主訓練でしたが、みなさん本番さながらで避難されていました。また、通報訓練も同時に行い、消防からの問い合わせに的確に答えていました。9月に入ると、5つのセルフサポートハウスでも訓練を実施します。

実際の火災では、パニックにならず落ち着いた行動ができるよう、日頃から練習しておくことが大切です。

余暇活動

コロナが一向に終息せず、不要不急の外出自粛の中、昆虫が大好きなサポートハウス利用者の堀さん、余暇を利用して「昆虫の絵」を色鉛筆で描いています。

昆虫や周りの草木など、とても詳細に描かれていますので、一枚描くのにとても時間がかかります。

古き時代

明けましておめでとうございます。

1月4日(土曜日)常盤会サポートハウス皇徳寺のみなさんは、鹿児島市浜町にある「石橋記念公園」に行ってきました。

石橋記念公園にある三つの橋は、江戸末期に鹿児島市の中心を流れる甲突川に架けられた石橋です。その中でも西田橋は、あの「篤姫」がお輿入れの際に渡ったと言われています。この公園に来ると、江戸時代にタイムスリップした感覚になります。

午後からは鹿児島市武の高台にある「長島美術館」に行きました。長島美術館から眺める桜島は最高です。桜島をバックにたくさん写真を撮りました。また、豊作をもたらす「田の神さぁ」の前では「今年も素晴らしい年でありますように」と手を合わせました。この「田の神さぁ」は18世紀に始まった薩摩藩独特の文化です。

利用者のみなさん、鹿児島の古き時代に思いを馳せる一日でした。

初詣

新年あけましておめでとうございます。
毎年恒例の元旦の初詣に谷山神社へ行ってきました。お天気にも恵まれ、参拝者もさほど多くない中スムーズに参拝することができました。その後は皆さんお守りやおみくじを買っておられる利用者さんもおられました。
皆さん、今年の初詣で何をお願いしましたか?
皆さんのお願いが叶うと良いですね。

冬の風物詩

 

12月22日(日)、サポートハウス石塚の利用者さんたちは、鹿児島市内に点在している冬の風物詩「イルミネーション」見学に行ってきました。

最初は中央駅のアミュ広場に行きイルミネーションツリーの前で「はい、ポーズ!」。次に向かったのが、ドルフィンポート・みなと大通り公園。最後に天文館公園に行きました。

毎年、見学していますが、いつ見ても美しいイルミネーション。しばし時間を忘れて、光の饗宴を楽しみました。

友愛駅伝大会V2を目指して!!!

令和元年11月23日(土曜日)「マリンポート鹿児島」で第18回鹿児島南ライオンズクラブ杯友愛知的障害児・者駅伝大会がありました。

日頃から利用者の皆さん勤務終わりなど、緑地公園でV2を目指しこの日まで練習を重ねてきました。

本番当日30チーム近いエントリーがあり、皆さん緊張の様子で開会式に参加しました。

優勝旗の返還・準備体操を行い開会式が終わり、皆で円陣を組み気合い入れ。少しするとスターターの集合が始まりました。「位置に着いて…よーい、ドン」ピストルが鳴り、第一区の選手が勢いよくスタートし、2位でタスキをつなぐことができました。

     

第2区~第6区まで皆さん、ほぼ1kmを3~4分台でペースも落とさず一生懸命頑張り、アンカーにタスキが渡りました。

きつい気持ちもある中、多くの声援を受けゴールテープを切りました。結果発表までドキドキしながら待ち、閉会式が始まりました。「一般の部...3位○○、2位○○、1位常盤会サポートハウス」見事V2を達成することができました。皆さん笑みがこぼれ、嬉しそうに拍手したり、ハイタッチをして喜びを分かち合っていました。

今後も定期的に、練習に取り組み次年度も優勝できるように頑張りたいと思います。

        

芋を収穫、焼酎造りを見学しよう‼

令和元年10月27日(日曜日)常盤会サポートハウス向原・石塚の利用者5名、職員2名で、5月に植え付けを行った芋の収穫に行ってきました。

掘りやすいように芋づるを切って、収穫がスタートしました。一発目「おぉ、でっけー」と大きな芋を掘ると、それに続いて、どんどん芋を収穫しました。

収穫後は、整地をして次の植え付け準備はバッチリです。たくさん、収穫した後はおなかがすき、ジョイフルでランチをしてきました。食後にパフェを食べ満腹になりました。

14時過ぎ、収穫した芋をもって吉永酒造に行ってきました。

焼酎ができるまでの過程を社長に説明してもらい、機械や製造工程の説明に興味津々でした。その後、最初にできる、「はなたれ」というアルコール度数70度の焼酎を小指でなめさせてもらい、皆さん「うわー、すごい」とアルコール70度に驚いていました。

皆さんで収穫した芋を使った焼酎の完成は、来年の2月になっています。

皆で、協力してできたお酒を飲むのが楽しみです。