どんな花が咲くかな?

6月末に,生活介護の利用者さん数名で花の苗を園庭の花壇に移植しました。今回植えたのは,トレニア・ガザニアという花です。
「このお花は何色になるでしょうか?」という職員からの問いかけに,「ピンク!」,「水色!」と皆さんの想い描く花はそれぞれで,咲くのが待ち遠しいようでした。
今はまだ固い小さな蕾ですが,答え合わせを楽しみにこれから皆さんと成長を見守っていきます。花壇は門扉横にあるので,御来所の際には是非覗いてみてください。

 

トマトの苗植え

 

 

6月24日(月),トマトの苗植えを行いました。「土を掘って,根っこの所を持って植えてみましょう。」と職員の説明を聞き,見本を見ながら一株ずつ丁寧に植える事が出来ました。「大きくなあれ。」と声を掛けながら,水もたっぷりと与え,苗の成長を願いました。

 

クッキング

6月15日(土)にクッキングでポップコーン作りを行いました。ポンポンと弾けるポップコーンに子どもたちは釘付け!

 

キャラメル、塩、カレーの3種類味のポップコーンが完成しました。「私、カレー味が好き!」「キャラメルが美味しい。」とそれぞれ好みの味を見つけて大はしゃぎでした。
今回の経験を活かし,今後も「食」への興味関心に繋がるような活動提供をしていきたいと思います。

野菜の収穫

生活介護では,5日(水)にじゃがいもと玉ねぎ,15日(土)にきゅうりの収穫をしました。
きゅうりは今年の4月に,じゃがいもは3月に,玉ねぎは去年の10月に植付けし,アドバンスコースの利用者さんを中心に,草取りや水撒きをしながら毎日大切に育てて来ました。
収穫では,「なかなか抜けないな」,「こんな風になっているんだね」と皆さん新たな発見をしながら,野菜の蔓や葉を一生懸命ひっぱったりはさみで切ったりと,丁寧に収穫することが出来ました。
こうした活動は私たちが普段口にしている食材がどのように出来ているのかを学ぶよい機会となっています。
これからも季節の野菜をたくさん育てて,「食」について学ぶ機会を設けていきます。

 

 

野菜の収穫(じゃがいも)

6月5日,児童でしろやまの敷地内で栽培しているじゃがいもの収穫を行いました。昨年から少しずつ野菜の苗植えや収穫を行っているので,土や苗の感触にも慣れた様子。収穫の方法が分かると,みんな得意気な顔で「やるー!」と意欲満々。大きいじゃがいも,小さいじゃがいも,色んな形のじゃがいもがたくさん収穫出来ました。

普段食べている物がどうやって作られているのか,作る人の苦労や思いを心のどこかで感じながら収穫出来たようです。食や命の大切さを,私たち職員も支援のなかで一緒に学んでいきたいと考えています。

ビワの収穫・試食会

15日(水)に,しろやまの風の敷地内にビワが実っていたので,生活介護の皆さんで収穫をしました。
たわわに実ったビワを前に利用者さんも「たくさん収穫するぞ!」とやる気満々!皆さんで協力し,ハサミを使って収穫しました。

 

21日(火)には,ビワの試食会をしました。暖かい日差しをいっぱい浴びて,綺麗なオレンジ色に熟したビワはとても美味しく,「美味しいね」,「甘いね!」と利用者さんに大好評でした。

 

季節体験「柏餅作り」

5月4日(土),季節体験として柏餅作りを行いました。
まずは,餡子作りの為に園庭の畑で育てられたそら豆の収穫を行いました。一つ一つ丁寧に収穫する事が出来ました。

お餅を食べやすい大きさに丸める作業では,「このぐらいかな?」「手にお餅が引っ付いて難しいよ。」とみんな試行錯誤しながら,一生懸命頑張っていました。こしあんやそら豆の餡子を挟むと,彩の良い柏餅の完成です。

試食会では,みんな「美味しい!」と高い評価でした。子どもたちの表情は自分達で作れたという自信に充ち溢れていました。これからも様々な体験を通し,子どもたちの喜びや自信に繋がる活動を提供していきたいと思います。

新元号「令和」

5月1日(水),新しい時代「令和」の幕明けです。
「どんな時代にしたいですか?」と子どもたちに尋ねると,「かっこいい時代がいいな。」「好きなことをたくさんしたい。」と新しい時代への思いや願いを伝えられました。画用紙に大きく「令和」の文字を書き、令和への希望を素敵なイラストとして描き上げることが出来ました。
「明日への希望と共に,日本人一人ひとりが大きな花を咲かせる」という願いが込められた「令和」。気持ちを新たにして子どもたち一人ひとりが希望や夢を胸に,大きな花を咲かせられるよう日々応援していきたいと思います。

 

ナイスハートふれあいスポーツ広場

生活介護の皆さんでナイスハートふれあいスポーツ広場に参加しました。昨年度も参加したこのイベントは,障害の有無に関わらずスポーツを楽しむことを目的としています。
今回はしろやまの風の利用者さん2名が選手宣誓の大役を引き受け,声高らかに宣誓をしました。
競技にはロープ送りやホール・イン・ワン,風船バレーがあり,普段目にする機会の少ない競技に皆さん目をきらきら輝かせて,とても楽しそうな笑顔で参加されていました。
午後からは応援団長の風呂わく三さんの漫談や花仙さんによる太神楽(だいかぐら)の披露があり,大いに会場が盛り上がりました。その後アダプテッドエアロビックに挑戦し,皆さんで身体をゆっくりと動かしスキンシップをしながら一体感を味わいました。
最後に「世界に一つだけの花」を合唱して,無事今年度の大会も終了です。皆さんからは「とても楽しかった」,「またやりやい」との声が多数あり,楽しんで参加して頂けたようです。

 

お花見

3月末に,錦江湾公園へお花見に行きました。今年はちょうど桜が見頃!
綺麗な桜吹雪が舞う中,嬉しそうに芝生の上を走りまわったり,花びらを手に取ったり,とても楽しそうな笑顔がはじけていました。
今回はバドミントンの道具も持参し,広いグラウンドで目一杯身体を動かして,充実した時間を過ごすことが出来ました。
今年度も季節毎に楽しい行事を開催予定です。皆さんの参加をお待ちしております。