新しい扇風機が仲間入りしました♪

6月27日(土)、就労Bのパソコン室に新しく扇風機が仲間入りしました。待ちにまった扇風機に皆さん興味津々。組み立てている所を真剣に見られていました。組み立てている職員は、「皆に見られていてすごく緊張する!失敗できないな」と緊張した様子。利用者さん自身が説明書を手に取って、「これはどこに付けるのかな?」と一緒に考えられ、職員と協働での作業でした。

 

 

 

 

 

 

組み立て終わると「扇風機付けますよ!!」と、職員の合図で皆さん釘付けに。動き出すと、思わず拍手が湧きおこりました。利用者さん自身で実際に風を感じ、「これで快適に仕事が出来るね」と意欲が増した様子でした。扇風機によって、利用者さんのたくさんの笑顔を見る事ができた一日となりました。

避難訓練(水害対応)を行いました。

6月20日(土)に,水害を想定した避難訓練を行いました。午後2時頃,職員から「訓練です。大雨による増水で1階が浸水する恐れがあります。利用者の皆さんは,職員の誘導で避難を開始してください」とのアナウンスで,職員の誘導の元,2階への避難を開始しました 。

 

 

 

 

 

 

 

 

エレベーターが使えないとの想定で,車椅子の利用者さんは,数名の職員で2階へ搬送しました。今回は,利用者さんのご協力を頂き毛布を使用した搬送法を試みました。戸惑う利用者さんもいらっしゃいましたが,職員の誘導で無事2階への避難が完了しました。

  

水害等様々な災害が多い鹿児島。過去の災害事例を教訓に,普段から避難訓練を通じた防災意識の高揚に努めていきたいです。

窓の大掃除(^^♪

6月13日(土)、前日の大雨は嘘のように青空が広がる気持ちの良い天気となりました。この晴天を逃すまいと、就Bでは窓と網戸の大掃除を行いました。桜島の火山灰などで汚れていた為、「皆で綺麗にしよう」とやる気満々の様子。「僕は網戸を水で流すね」「じゃあ、僕は窓を拭くね」と次々声が上がり、就B作業室の全ての窓を半日で終わらせる事が出来ました。「皆で協力するとこんなに早く終わるんだね!」と綺麗になった喜びと、達成感を感じられていました。


 

 

 

 

 

 

 

 

窓を掃除することで、普段見慣れているはずの景色も色鮮やかに見える気がしました。「やっぱり掃除って気持ちがいいね」と、笑顔が溢れ皆さんとても満足した様子でした。

 

つかの間の晴れ間でした(^^♪

 

6月8日(月)の天気は,最高気温が29℃と梅雨時期の蒸し暑い一日でしたが,貴重な晴れ間となりました。折角の晴れ間「何もしないのはもったいない‼」と利用者さんは,園庭での活動に元気一杯参加されていました。

 

 

 

 

 

 

 

園庭の畑に植えてある夏野菜を眺めたり,散歩やシャボン玉をされたりと,皆さん貴重な晴れ間を楽しまれていました。雨天の為,園庭での活動が出来なかった利用者さんですが,笑顔も多く活動を楽しまれたようです。活動終了後は,お茶休憩で水分補給を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週後半から雨模様の天候が続きますが,本格的な夏も近づいてきます。熱中症のリスクも高まる為,水分補給等を心掛けながら,利用者さんの安全な支援を提供していきたいです。

 

楽しい一日を過ごしました♪

5月30日に,九州南部も梅雨入りが発表され,本格的な梅雨シーズンが到来しました。外は雨模様の為,べーシック活動室でレクリエーション(ストラックアウト)を行いました。

 

ストラックアウトは,9枚に並べられた数字のボードを,ボールで落とすゲームです。今回は,ボールに代わって,当たっても痛くない柔らかいフリスビーを使用しました。
最初に,職員からレクリエーション内容について説明を行った後,早速利用者さんはストラックアウトに挑戦しました。力が入り過ぎて大きく外してしまった方,見事に的を射抜いた方等,様々な表情が見られ活動室は歓声に包まれました‼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「楽しいね!」「またやってみたいな」との声も聞かれ,レクリエーションは終了しました。梅雨が続く毎日ですが,室内でも楽しく過ごせるレクリエーションを提供していきたいと思います。

 

手作りマスク

就Bで手作りの布マスクを作製しました。初めての取り組みの為、最初は「どこを縫ったらいいのかな?」「カーブを縫うのが難しい」と試行錯誤しながら取り組み、一つ出来上がると、「上手だね!かわいい!」と大好評。利用者さんだけでなく、職員も一緒に夢中になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その成果もあり、一か月ほどで30枚近くのマスクを作る事ができました。現在は薄手の素材の布と、裏地にガーゼを入れ、夏に向けてより快適にマスク生活を送る事が出来るように工夫を行っています。
今後もより多くの方々にマスクを届ける事が出来るように頑張っていきたいと思います。

うんとこしょ!どっこいしょ!

 

 

 

 

 

 

 

5月23日(土),事業所の畑で育てたにんじんの収穫をしました。にんじんの葉っぱを持って「うんとこしょ!どっこいしょ!」と掛け声を出しながら腰を入れて引っ張ると,立派なにんじんが出てきて,子どもたちはびっくり!その後は,にんじんが土から抜ける感触に虜になった様子で,次から次へと抜いていき,最後にはかごからあふれるほどの沢山のにんじんが収穫できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の活動では,子どもたちの驚いた様子や夢中になる姿などさまざまな表情が見られました。また,土に触れ,食材に触れ,子どもたちの食育にも繋がる機会になったと思います。今後もさまざまな活動を取り入れ,子どもたちの成長に繋げていきたいと思います。

みんなの公園をきれいにしよう

 

 

 

 

 

 

 

 

事業所近くの慈眼寺公園へ地域清掃に行きました。軍手を付けて,バケツを持って,さあゴミ拾いだ!ただただゴミを拾うだけではつまらないので,2~3名のグループに分かれて,どのグループが一番ゴミをたくさん拾えるか,ゴミ拾い対決をしながら地域清掃に取り組みました。「僕のチームが一番だ!」「私たちのチームだよ!」とやる気に満ちた表情でごみをせっせと拾い集めます。公園にはたばこの吸い殻や食べ物の袋等たくさんのごみが落ちていました。各グループたくさんゴミを集めて,自慢気な表情でした。

 

 

 

 

 

 

 

地域清掃を通して,みんなの使う場所をよりきれいに,大切にしなければならないと改めて感じた活動となりました。

交流会

 

 

 

 

 

 

しろやまの風,いこいの丘の交流会としてちまき・いちご大福づくりを行いました。ちまき作りでは,いこいの丘の皆さん慣れた手つきで作っていき,私たち職員はその早さに驚きでいっぱいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いちご大福作りでは,しろやまの風・いこいの丘の皆さんで一緒に作り,「こうするのよ」「やってごらん」といこいの丘の方から丁寧に作り方を教えていただき,にぎやかな雰囲気に皆さん笑みがこぼれていました。

 

 

 

 

 

 

 

試食会では,自分たちで作ったちまきといちご大福を食べ「おいしい!」とても幸せそうな表情でした。今後もこのような機会を図り,多くの方と交流を通してしろやまの風・いこいの丘が活気ある事業所になるよう努めていきたいと思います。

白熱した試合になりました!!

5月16日(土)は、朝からあいにくの大雨でしたが、利用者さんは元気一杯です!外は大雨で園庭での活動は出来ませんが、職員から「卓球バレーをやりましょう!」との提案があり、試合を開催する事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

AチームとBチームに分かれて試合が開催され、利用者さんの「惜しい!」「やったー!」等の声が聴かれ、白熱したプレーに、職員も思わず声援に力が入ります!試合の結果は、3-2でBチームが勝利しました!

    

5月も後半になり、梅雨の季節が近づいてまいりました。室内でも出来る運動を取り入れ、「来る人には楽しみを。帰る人には喜びを」をモットーに、利用者さんが楽しんで頂ける活動を提供していきたいと思っています。