制作あそび (たんぽぽ)

10月27日(土)は,制作あそびで,「ロケット作り」をしました!


支援者が作ったロケットを見せ,「3,2,1,発射!」の声掛けと共に実際に飛ぶ様子を見せると,目をキラキラさせて興味津々な様子の子どもたち。作り方を一つずつ丁寧に伝え,一緒に確認することで,集中して話を聞き,黙々とロケット作りに励んでいました。

                           

「何描こうかな~?そうだ!“☆”描こう~。」
「えっ!“☆”描くの?いいなぁー。どうやって描けばいいの?」
「こうだよ!ほらね~。」
「難しいよ。どうやればいいの?」
「描いてあげようか?」
「うん!」

…等,友達とのやりとりを楽しみ,意欲的に活動に取り組む様子が見られました。
時間内に終わらなかったため,終わりの挨拶をする際に,ロケット作りをもう少ししたい友達は続きをしても良いということ,ロケットを使って遊んでも良いということ,今日使ったロケットはお家に持って帰っても良いということを伝えると,「ヤッター!」と言って喜んでいました。活動が終わった後も,模様付けたり,ロケットを飛ばして遊んだりして一日中ロケットの玩具で遊ぶことを楽しんでいました。
これからも,子どもたちが心から楽しいと思うことができる活動を展開していきたいと思います。(弓場)

10月~クッキング(各グループ)~

ひこばえでは月に一回クッキングを行い,食に対する興味関心を拡げることができるように支援をしています。また手順を一つずつイラストで提示することで,視覚的に理解しやすくしています。

10月19日に各グループでクッキングを行いました!よつばは「フルーチェ」,たんぽぽは「カレー」,つくしは「クッキー」を作りましたよ!


よつばグループでは,牛乳や準備した材料をみんなで一緒に混ぜて,固まっていく様子に「見せて見せて!」と興味津々でした!
つくしグループでは,一人ずつ順番に生地を型抜きして,ハロウィン仕様のクッキーを作ることができました!

かっこよく待つこともできました!
たんぽぽグループでは,お友達と協力して野菜を型抜きしたり,ルーを溶かしたりして,美味しいカレーを作りました!

一緒に作る楽しさを感じることができたようです。
上手に作ることができた子どもたち!「できたー!」「おいしい♪」と言って,自分の作った料理やデザートにご満悦の様子でした!
また次回のクッキングもお楽しみに☆(鈴木)

よつば 野菜スタンプあそび

           

          

今月のよつばグループの親子あそびでは,野菜スタンプあそびを行いました。
まずは,野菜の感触を確かめることから始めました。どんな色かな?と,じっと見てみたり,手に持って形や硬さを確かめたり,鼻を近付けてピーマンや玉ねぎの独特な匂いを嗅いで思わず顔をしかめたりと,五感を使って野菜の感触を楽しんでいました。
次に半分に切った野菜のスタンプで,大きなオバケに自由に模様を付けて遊びました。「レンコンは持つの難しいな」「ピーマンは上手に押せた!」等,保護者の方と色々な色や形を楽しみながら取り組んでいました。また,最後には子ども達で目と口を貼って,素敵な「野菜オバケ」が完成しました!
普段の食事で,お母さん達に美味しく調理してもらって食べている野菜の元々の形や,匂い,硬さを感じ,いろいろな野菜に興味津々の子ども達でした。(加納)

 

10月 家族通所~交通安全教室~

10月13日に,家族通所「交通安全教室」を行いました!交通安全協会より3名の先生が来てくださり,パネルシアターや腹話術,DVDを使って楽しく分かりやすく,交通ルールを教えてくださいました!!

パネルシアターでは,色のついた卵から出てくる恐竜やひよこに大盛り上がりの子どもたち!「トリケラトプスだ‼」と,とても楽しそうに参加していました。その後は腹話術の「きょうちゃん」とお約束を確認したり,DVDを見たり,集中して話を聞いていた子どもたち。交通ルールを意識することができていたようです。


ルールの確認が終わったら次は実践・・・。横断歩道と信号機が出てきてみんなビックリ‼約束事を一緒に振り返りながら,お父さんやお母さんと一緒に横断歩道を渡ることができました!最後には可愛い反射板のストラップをもらい,大喜びの子どもたちでした!


交通安全協会の皆様,楽しい教室を開いてくださり,本当にありがとうございました。今回の交通安全教室で学んだことを私たちも日々意識していきたいと思います。
参加された保護者の皆様はぜひ,お家でも交通ルールの確認を一緒にされてみてくださいね!次回の家族通所は「生活発表会」です。子ども達の成長した姿をお楽しみに☆(鈴木)

ルール遊び(たんぽぽ)

9月25日(火)は,ルールあそびで「転がしドッジボール」をしました!

転がしドッジボールをするのが初めての子どももいたため,まずは職員が転がしドッジボールをする姿を見せてルールを伝えました。良い例と悪い例を見せましたが,職員が悪い例を見せると,「あー!」,「それ,ダメだよー!」と職員に伝える姿が見られました。しっかり者のたんぽぽさん,したらいけないことを伝えてくるだけではなく,その後の話もしっかりと聞いていました。

いよいよ転がしドッジボールが始まります!時間は3分です!職員が「行くよー!」と言って外野から転がすと,「わぁー!」,「キャー!!」と言いながら,ボールにぶつからないように身体を絶妙に動かしたりして工夫して逃げていました。

実際にぶつかってしまうと,ちょっと残念そうな表情はしていましたが,ぶつかったら外野で友達に向かって転がすことができることを伝えると,友達をめがけて勢いよくボールを転がして,楽しんでいました。
3分経ち,終了を告げると,内野に残れた子どもたちは大喜び!!外野で頑張っていた子どもたちは,少し落ち込んでいましたが,職員から内野も外野もよく頑張っていたことを褒められると喜び,もう一回できることが分かると,「ヤッター!」と言ってまた頑張る姿がありました。

これからも,様々な遊びに挑戦して,友達や職員と一緒に遊ぶことの楽しさを伝えていきたいと思います。

ルール遊び(弓場)

保護者研修(放課後等デイサービス事業所の視察)

今回は,就学児の保護者の方々を対象に,保護者研修を実施しました。
鹿児島市荒田にあります,当法人内の事業所「児童発達支援 放課後等デイサービス サニーキッズ」を視察しました。実際に活動の様子を見学したり,職員から話を聞いたりと,施設内の雰囲気を感じることができたようです。「直接話を聞くことが1番ですね。」「外観のみでは,イメージが難しいので,このような研修があると,嬉しいです。」等の声もありました。

午後からは,茶話会を設け,就学に向けての話や,子育ての話,互いに共感したり,相談し合ったりと,交流の時間となりました。

今後も,ご家族と連携しながら,子ども達が安心して楽しく過ごせるように環境作りを行っていきたいと思います。(妙円園)

たんぽぽ 親子ふれあいあそび

8月に入り暑さもだんだんと増してきましたが,子どもたちは暑さに負けずとても元気いっぱいに遊んでいます。
今回,たんぽぽの親子ふれあいあそびでは,「おばけ屋敷」に入って遊びました。お母さんと一緒におばけを作り,作ってもらったおばけを先生がおばけ屋敷に隠して,自分の作ったおばけを取ってくるゲームをしました。

暗さや不気味な音を敏感に感じ取り,お母さんの手を強く握ったり,引っ張ったり、「こわい~。」と言って泣き出したりする姿もありましたが,何とか無事にゲームをクリアすることができました!その後,明かりをつけて中を見せると,普段遊んでいるスライムや風船があることに気が付き,安心して何度も入って遊んでいました。
冷や汗ものの体験でしたが,夏のいい思い出ができました!!

子ども達からの評判も良く,その後の時間でよつばとつくしのお友達も遊びに来て,笑いあり涙ありと楽しんでいました。

次回の親子あそびもお楽しみに!!!(福永)

 

小麦粉粘土あそび(よつば)

 今回,よつばグループにて,小麦粉粘土あそびを行いました。
 まずは,粉の感触を確かめることから始めました。さらさらとした感触や持ち上げて指の間からするすると落ちていく様子に興味津々な子どもたち。

 

そこに水を加えて,形を作り,今度は捏ねてできた粘土に触れ,質感の違いを楽しみました。指先を使い,手でちぎったり,丸めたりして自在な形の変化を楽しみました。

   

 

 次に食紅を使い,色を付けてみました。食紅を加え,捏ねることで色が出てくるとじっと不思議そうな表情で見つめる子や「せんせい,みて!」と粘土を見せて,変化を教えてくれる子もいました。

      

 

 手に付くことが不安で触ることが苦手…という子どもさんに対しては,袋に入れて提供することで安心して活動に参加することができました。時間いっぱい集中して取り組んだ子どもたち。おしまいの約束のタイマーがなると,お片付けもばっちり取り組むことができました。
 感覚あそびでは,子どもたちの「やってみたい!」という気持ちを大切にしながら,五感を刺激し,多くの経験に繋げていきたいと思います。   (下池)

9月 家族通所~十五夜~

9月8日(土)に,家族通所,「十五夜」をプレイルームにて行いました!!
最初は,プレイルームにて,たぬきに変身した職員と一緒に「ポンポコたぬき」のお歌を歌い,

その後は十五夜についての話を聞きました。十五夜を知らなかった子どもたちも,「お団子を食べるんだね。」,「お月様にお願いする!」等,十五夜についてイメージすることができたようです!

その後は,教室へ戻り,各グループで制作を行いました。お母さんとお父さんと一緒に取り組むことで,自分だけの素敵なうさぎを作れて,子どもたちも大満足でした!


制作活動が終わると,プレイルームに戻り,全員で綱引きを行いました。お友だちと協力しながら,一生懸命綱を引く子どもたち。勝って声をあげて喜ぶ姿もあれば,負けて悔しい,次頑張るぞ!と励む子どもたちの姿が見られ,お母さんたちも微笑ましく見守っていました。


次回の家族通所は,「交通安全教室」です!交通安全について学べる貴重な体験です!ぜひ,お楽しみに☆彡(坂上)

サーキットあそび(よつば)

そろそろ8月も終わりますが,まだまだ夏の暑さは続いていますね。今回は,よつばグループが普段行っている「サーキットあそび」を紹介したいと思います!
よつばグループの子どもたちは,巧技台や平均台を使ったサーキットあそびが大好きです!巧技台とマットで作った山を登り下りしたり,階段を上ってジャンプしたり,

平均台から落ちないようにバランスをとりながら渡ったり,

梯子を跨いだり,登ったりします!

一つひとつの遊びにそれぞれのねらいがあり,これらの遊びを通して運動機能の形成や保有する感覚の十分な活用に繋げます。

これからも,お友達や職員と一緒に,たくさん身体を動かして遊んでいきたいと思います!(坂上)