理事長あいさつ

明星学園

社会福祉法人常盤会は、障害のあるお子さまの支援活動からスタートした社会福祉法人であります。児童福祉や障害福祉の支援活動に携わってきた初代理事長久木元(くきもと)弘(ひろし)が、昭和38年10月に施設設立を決意し、鹿児島県下でもまだほとんどなかった障害施設の建設に私財を投じて取り組んだのが常盤会のスタートであります。その後、地域の様々なニーズに即応する中で支援活動を拡げてまいりました。幼児期のお子さまからお年寄りの方々まで年齢や種別を問わず、施設でも地域在宅でも暮らせる、一貫し幅広い福祉サービスが提供できる体制設備を着実に進めております。

常盤会の理念は、三つあります。一つ目は「 地域の方々の社会福祉支援を目的に誠心誠意のサービスを行うこと」、二つ目は「地域の方々が安心、快適にご利用いただける社会福祉サービスを行うこと」、三つ目は「職員は倫理理念を遵守し、専門性を高め、地域社会の一員として社会福祉の充実を目指すこと」であります。
まさに常盤会の使命(mission)は、この理念の中にも掲げられている通り、地域社会のお役にたつこと、福祉で困ったら常盤会であれば何とかしてくれるという、地域の中でなくてはならない存在であること、そして何より地域の方々の信頼をいただける存在であり続けたいと考えています。

これからも常盤会は地域社会のために前に進み続ける法人でありたいと思っております。これからの常盤会のvisionとしては、お年を召されても、安心安全に介護を受けられるための環境整備や安心して子育てができる環境づくりにも積極的に取り組んでまいりたいと考えています。
この常盤会visionの実現に向けて、エネルギー溢れるスタッフとともに前進してまいります。常盤会の最大の特色は、様々なサービスを展開するが故に色々な福祉のニーズをキャッチできることだと思います。これからも地域の多様な要望にお応えできる法人として、努力していきたいと考えています。

常盤会ではこれからも「Each person’s now & tommorrow」を合言葉に、お一人おひとりに寄り添う支援に取り組んでまいります。


社会福祉法人常盤会 理事長 久木元 司