敬老会

ときわの丘が新設され,初めての敬老の日を迎えました。

ときわの丘の入所者さんは平均年齢67歳で,最高齢が88歳の米寿を迎えたこと,多年にわたり社会へ貢献されたことへの感謝とさらなる長寿をお祝いしたく敬老会を計画しました!

敬老会では,入所者さんご自身でフォトフレームの飾りつけをし,世界に一つだけの自慢の逸品を製作していただきました。みなさん色とりどりのかわいい作品が出来上がっていました。これからどんな写真を飾るのか楽しみですね。

88歳を迎えられた入所者さんには鹿児島市長さんから賞状のお祝いの賞状が届き,みなさんの前でお渡しいたしました。その後,65歳以上のかたに職員が書いた心ばかりのメッセージのメダルをお贈りしました。

 

 

ティータイムには,職員の準備したお祝いの「チーズムース~あんこを添えて~」を提供し,「美味しい!」と大好評でした!

チーズムースは濃厚で風味よく,あんこを添えることで味がまろやかになり,高齢の方も親しみやすい味になりました。

これからも元気にときわの丘での生活を楽しみ,人生の先輩として職員に知恵を貸していただけると助かります。

コロナウイルスが落ち着いたら,ドライブなど外での活動も計画したいと思います。

木工ハンドメイド②

ときわの丘木工制作部の今回の作品は,「貯金箱」です。
「ゾウ」や「くじら」の形に切り出した後,丁寧に紙やすりをかけます。
紙やすりをかけることにより,誰でも安心して触れられます。

お金を入れる穴は背中にあり(500円玉が縦に入ります),側面の一部がねじで止められていますので取り出すことも可能です。
大きさは長さ約15センチ・幅約2センチ・高さ約10センチほどですので,場所を取らずインテリアとしても楽しめます。
中箱の部分が小さめで仕切りが半透明ですので,貯まっていくのが分かりやすくなっています。短期間での小銭貯金を始めてみませんか。

販売価格は500円です。

◇かき氷フェス開催◇

コロナ禍で日常の活動が大幅に制限されている中、暑い日が続き気力も体力も笑顔も減ってきている様子

所内ででき、みなさんが笑顔になれる活動を考えた結果、みんなが出した結論は

「夏はかき氷!」

かき氷フェスの開催です。

 

飾り付けの作成を開始

いつも以上に集中し真剣に取り組み

かき氷などの塗り絵・・・提灯・・・灯籠

少しずつ出来上がっていくことで、日に日に笑顔も増えていきました。

 

当日の午前中、みんなで手分けして飾り付け

華やかな色どりで本当にきれい

飾りつけも自分たちの手で。

 

夏を感じよう ~かき氷フェス~ 開催

かき氷作りは職員が担当し、
みなさんは数種類のシロップの中から自分で好きな味を選びます。

果物などのトッピングも自由に選びます。

 

 

自分だけの、世界に1つだけの、涼しげなオリジナルかき氷の出来上がり

 

 

 

 

「冷たくて美味しい~」「すごく楽しい~」と喜びの声🎵

飾りの提灯を見て「あれは私が作った」とうれしそうに指差していました。

普段静かな方も「美味しかった」「楽しかった」と何度も話しをされ

笑顔いっぱいの良いかき氷フェスとなりました。

冷たいかき氷、手作りの灯籠や提灯などで夏を感じることができたかなと思います。

今後も入所者、職員みんなでアイデアを出して取り組む活動をしていきます。

ハンドメイド

日中活動でハンドメイド作品を作成しています。今回は,抱っこ紐やチャイルドシートのシートベルト等に付けて使用できる,よだれカバーを製作しています。
製作する方は子育ての終わった方々で「これはなんね?昔はこんなのなかった~。いい時代になったね。」「子どもは大変だけど,かわいいよね~。」などと活動の前後でお話ししながら楽しく作成しています。


布がなかなか手に入りにくく,柄・生地も偏っていますが,心を込めて縫っています。
リバーシブルでスナップボタンを使用し,抱っこ紐用とチャイルドシート用を用意してます。

←(使用例:チャイルドシート)
それぞれ2枚1セットを500円で販売しておりますので,柄に限りはありますが,興味のある方はお早めにご連絡ください。お待ちしております。

木工ハンドメイド

木工の得意な職員と一緒に,入所者さんが製作しました。
職員が糸鋸で型を取り,入所者さんとやすりがけをし,磨き,仕上げていきます。
1日では作れないので数日かけて,平面の木の板から立体の車になるのをワクワクしながらの作業です。

その他,手先の発達を促したり,集中力がつく紐通しも製作しています。


今後も入所者さんの自立の為,試行錯誤しながら,様々な作品を作っていきたいと思っています。
温かな木のぬくもりに満ちた作品は,500円で販売しておりますので,気になられた方はご連絡ください。お待ちしております。

みんなで伸びよ~う!

ときわの丘が生まれてからあるユスノキ、シマトネリコの樹
成長途中でまだまだ若い

 

 

玄関前もきれいに整列している木が

 

 

なんて名前だろう・・・「トキワマンサクの樹」‼

トキワマンサク・・・ときわマン・・・ときわ
ときわの丘のときわが入っている⁉運命を感じますね

 

並んでいる若々しい木を見ていたら大勢の仲間に囲まれているように見える
華やかな気分がしてくる

 

ちゃんと世話するから

りっぱに育って

みんなの成長を見届け下さいね🎵

 

 

 

鹿児島唯一の救護施設!

開設から早くも3か月が経ちました。
入所者の皆様は少しづつ環境にも慣れ、職員のせわしい姿
も減りつつあります。

「救護施設?」

とご存じない方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

簡単に説明しますと
「身体や精神の障害、生きづらさを抱え、日常生活を営むことが
困難な方々のための保護施設」です。

豊かな生活が送れるように手助けすることが役割りであり

鹿児島には、ここ、「ときわの丘」しかありません!

今後、どのようなことをしているのか知って頂けるように
日常生活や作業、活動の様子などをお見せしたいと思います。