そら 大豆あそび

1月も終盤を迎えましたがまだまだ寒い日も続いていますね。そらグループの子どもたちは寒さにも負けず毎日元気に過ごしており,私たちも日々パワーをもらっています!
今日は室内にて大豆を使用した感覚あそびを行いました。また,大豆を使ったゲームを取り入れ楽しく感覚あそびができるようにアレンジしてみました。

「今日は大豆あそびだよ。」と職員が声を掛け,袋に入ったたくさんの大豆を提示すると「いっぱい入ってる!」「お米みたいだね。」と様々な感想を教えてくれた子どもたち。初めて見るもの,珍しいものに対して,毎度ユーモア溢れた感想を教えてくれる子どもたちには,いつも私たちに笑顔をくれます!!そんな楽しい雰囲気のなか,大豆あそびがスタートしました。

まずは袋の上からたくさんの大豆を触ってみます。職員がどんな感触かを尋ねてみると「かたーい。」「ぶつぶつしてる。」と思い思いに感じた感触を表現してくれました。袋の上から大豆の感触を味わった後は,いよいよ直接触れてみます。固くて丸い大豆の感触に不思議そうな表情が溢れています。勢いよくガバッと掴んでみたり,恐る恐る指先で触れてみたりと子どもたち一人一人の触り方も様々でした。物に触れて感触を味わい表現することは,考える力の促進に繋がり,想像力の向上に繋がると言われています。

次に宝探し感覚のゲームに挑戦しました。「よーく見てみてね。」と声掛けを行い,大豆が入った小袋を手渡してみました。すると,袋に顔を近づけ大豆を見つめる子どもたち。「あっ!」「アンパンマン見つけた!」と嬉しそうな声が聞こえてきました!袋のなかのアンパンマンを探すことを通して,意識を袋に集中させることができました。何かに意識を集中させることを通して集中力が高まり,朝の会や帰りの会,活動中の着席時間の延長に繋がっていくといわれています。

最後に,ケースに入った大豆の下に隠れたキャラクターが何かを探してみました。たくさんの大豆に大興奮の子どもたち。ケースが目の前にくると,自然と笑顔になっていく姿がかわいらしい子どもたち。たくさんの大豆を一生懸命掻き分けて,アンパンマンや仮面ライダービルド等のキャラクターを見つけることができました。

本日は,大豆の感触を味わいながらゲーム感覚で活動に取り組むことができました。今回は,大豆に触れて感触を味わうことをねらいとしましたが,今後も新たな大豆あそびを考えながら,子どもたちの「楽しい!」に繋がる活動を行っていきたいと思います。(網谷)

放課後デイ 絵画

本日は2グループに分かれて活動を行いました。1グループは「節分」を題材に塗り絵を行い,鬼の絵を見せると「赤がいい!」「青鬼にしようかな。」と自分たちが想像する鬼の色を教えてくれました。手本をみながら模倣して塗ったりたくさんの色を混ぜてカラフルに塗ったりと,皆さん集中して取り組まれていました。

もう1つのグループも同じ題材で取り組み,自分たちが想像する「鬼」を自由に表現してもらいました。自分でイメージして描くことは創造性を育てるために大事なことの1つです。始めは「どうしようかな。」「分からないなあ。」と口にしていましたが,創造するためのヒントを出すと次々にイメージが沸いてきた様で,可愛らしい表情の鬼から夢に出てきそうな怖い表情をした鬼まで様々な鬼が完成しました。活動の最後には発表の場も設け,自分のイメージを他の利用者に伝えることができました。

       

色の選び方や塗り方など様々な取り組みがみられ,1人1人の個性を絵で表現することができました。今後も季節や行事を題材にして活動を行い,個々の豊かな創造性を育んでいきたいと思います。      (下川)

ほし 巧技台

あけましておめでとうございます。年末年始はどのように過ごされましたか?本年も子どもたちの成長にお力添えできますよう職員一同努めて参ります。どうぞ,よろしくお願い致します。

本日,ほしグループの子どもたちは巧技台で身体を動かしました。自分の力で手足を使いながら「登る」「渡る」「降りる」「バランスを取る」などの運動を積み重ねることで身体の動かし方を知り,自分を守る力に繋げることができます。

今回は3種類の道具を提供しました。1つ目の傾斜板は四つ這いで登り手足の力の入れ具合を感じ手もらうことがねらいです。グリップのように掴むものが無いため手足に力を入れなければ滑ってしまいます。子どもたちは手指や足に力を入れて前に進もうとすることができ,必要に応じて支援者がお尻部分を軽く支えることで筋力を使い登り切ることができました!

2つ目の平均台では,足場の悪さと高さから恐怖心を感じ,支援者に助けを求めようとする姿がありました。支援者が手を繋ぎながら力を調節すると不安定なバランスを保てるよう体幹筋力を使うことができます。また,安定させるために手を拡げたり脚元を見たりする手本を大人が示すことで模倣し取り組みやすくなります。

最後のはしご渡りでは,手足の協調運動が必要です。動かし方に戸惑う場合は「手は赤。」「足は緑。」など色を目印に伝えることで一歩ずつ動かすことができました!遊びの中で高いところに登る機会が少なくなっていることと思います。手足の動かし方,ボディイメージを持てるよう遊びを工夫し,いざというときに身を守れるしていきたいですね。

歩いたり走ったりする基本的な動作でも子どもの発達には大切です。整った生活習慣と様々な遊びを通してこれからも成長する子どもたちが楽しみです。(浜脇)

放課後デイ 季節体験 初詣

新年明けましておめでとうございます。旧年は地域の皆様より,温かいご支援ご協力を賜り,心からお礼申し上げます。

新しい年を迎え,めばえでも「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!」とニコニコ笑顔で挨拶を交わしました。今日は待ちに待った新年初の季節体験で犬迫町の八房神社へ初詣に出掛けました。

初詣前の事前学習では,参拝の仕方や神社について学びを深めます。「神様がいるところなんだね」「手を合わせてお願いするんだね」など,学んだことを復唱する姿がありました。

学習の後は神社に出発!八房神社は別名「健康神社」とも呼ばれ,健康に縁のある神様が鎮座されています。鳥居で一礼し,手水舎で身を清めて参拝です。鈴を鳴らし「元気で過ごせますように」「家族で元気に遊べますように」と,皆さん思い思いのことを祈願していました。参拝後は境内の大きな虎を見たり,ゆっくり散歩したりして過ごしました。

今年も社会体験でお出かけをしたり,園庭で身体をたくさん動かしたり,おいしいお料理をつくったりして,元気に活動をしていきましょうね。(前田)

 

そら すごろく

明けましておめでとうございます。

今年も元気なそらグループの子どもたちとたくさん活動を行っていきたいと思います。

 

本日は,お正月ということで「すごろく」の活動をそらグループの子どもたち用に少しアレンジを加えて行いました。

「自分でサイコロを振って出た目のお題を答える。」とルールを決めて挑戦です。

まずは,サイコロを振ってみました。

しっかり両手でサイコロを持ち,持ち方・投げ方の確認を行った後,勢いよく投げて振ることができました。

  

次に,出た数字の確認を職員と行いました。

出た目の数字を声に出して確認し,壁に貼ってある数字との照合を行います。

「1~6」までの数字について,自分が出した目と比較しながら照合し,「これ!」と答えることができました。

 

照合が終わったら次は,お題に挑戦です。それぞれの数字の裏にはお題が書かれています。

職員と確認しながら自分でも一生懸命に考えている姿が見られました。

 

1~6までのお題の中には「帽子を被る」「鞄を背負う」など,自分1人で行うことが可能で身の回りのことに関連付けたお題や,「リンゴのカードを渡す」や「友だちとタッチ」「友だちと手を繋ぐ」等の他者との関わりを促すお題が書かれています。

出されたお題の絵や文字をしっかり見て自分なりの表現をすることができた子どもたちでした。

今回は,お題に「帽子」「鞄」「タッチ」「手を繋ぐ」などの物や動作としては馴染みの深い物を多く設定しました。その分子どもたちにとっては行動に移しやすかったのではないでしょうか。

今回の活動では,サイコロを振ることよる「数字の認知」お題を行うことによる「日常的な生活の動き」お題に対して行動する「自分で考えて動くこと」を促すことができました。

 

今後も,元気なそらグループの子どもたちの成長をあそびの中で支えて行けたらと思います。(迫)

 

にじ ジェスチャー

本日は支援者の模倣を行い,身体の動かし方を知る,相手の動きに注目し,何を真似しているのかイメージすることを狙いとしたジェスチャーあそびを行いました。問題を出すお友達はパーテーションの裏で「こうだよね?」と話し合いをしていざお披露目です。ぴょんぴょんと手を頭に当てて跳ぶ姿や,のし・・・のし・・・とゆっくり大きく身体を動かす姿などお友達に伝わるように自分達で工夫してジェスチャーをする子ども達はとても上手でした。答える子ども達も「絶対うさぎだよ!」「ぞうさんだ!」と動きを見て分かるとすぐに手を挙げて答えることができました。今度は何のあそびをしているのかというテーマで難易度を少し上げてみました。時には支援者が動きのヒントを提案して子ども達にジェスチャーをお披露目してもらいました。口をすぼめて何かに息を吹きかけている姿や両手で何かを回しながら両足跳びをする姿など見せてくれました。その動きを見たお友達はしばらく考えていましたがじっくり動きを観察すると「あ!しゃぼん玉じゃない?」「縄跳びに見える!」と答えることができました。正解すると相手にジェスチャーで通じることができたお友達,言葉がなくても動作のみでイメージすることができたお互いとても嬉しそうでした。

ジェスチャーあそびは道具がなくてもみんなで楽しめる遊びです。療育だけでなくお集まり前などのちょっとした空いた時間に子ども達が楽しめるようにこれからも活用したいと思います。(二見)

放課後デイ 自立活動

本日は自立活動を行いました。自立活動では学習面や運動面で個別に課題を設定し,それぞれ目標を持って活動に取り組むことをねらいに行っています。今回,中学生は漢字,小学生は塗り絵のグループと紐通しのグループに分かれて活動しました。

活動開始後中学生は漢字のプリントに真剣に取り組み,支援者が準備したプリントあっという間に終わらせていました。課題が終わると「もっと問題を解きたい。」とさらにプリントを追加して頑張る姿が見られました。

塗り絵のグループはキャラクターや働く車の塗り絵を行い真剣に色を塗っていました。全部色を塗り終えると「見て見て!」「綺麗に塗れたでしょ!」と笑顔で作品を見せてくれる子ども達でした。また,紐通しのグループでは最初に支援者が見本を提示することで上手に紐通しを行うことができました。指先をしっかりと見て丁寧に穴に紐を通していました。

これからも個別に目標を立てて子ども達の成長や経験を積んでいけるような支援を行っていきたいと思います。デイの皆さん,これからも様々な活動にチャレンジして経験を積んでいきましょうね!(草野)

放課後デイ 交流活動

他事業所の方たちと関わる中で楽しさや喜びを共有すること,集団行動を身に付けることを目的にしろやまの風にて交流活動を行いました。玉入れと粘土,2つのグループに分かれて活動を行い,玉入れでは競争しながら「1個しか入らなかった。」「2個入ったよ。」等,しろやまの風の利用者さんたちともふれあいながら取り組むことができました。粘土では小麦粉やパン粉,米を使って様々な感覚を手先を使って味わうことができました。べたべたとした感触に少し戸惑う利用者さんたちもいましたが,徐々に慣れていき,夢中になって取り組む姿が見られました。型抜きなどの道具も使用しながらケーキやコロッケを作り,友達同士で見せ合う利用者さんもいました。
短い時間でしたが笑顔で楽しく過ごすことができ,帰りのバスでも「楽しかったね。」「また行きたい。」と話してくれる姿もみられました。今後も様々な経験ができるように他事業所と交流する機会を作っていこうと思います。(石坂)

にじ バランス

本日のバランスあそびでは,バランス感覚の向上を目指すことをねらいとし『片足立ち対決』とトランポリンや跳び石,マット等バランスを保つことを必要とするあそびを取り入れた『サーキット』を行いました。まずは,片足立ち対決からです。日頃からサーキットや療育で片足立ちの練習を行っている子どもたち。お友達と対決するのは初めてです。支援者の「よーいスタート!」の掛け声で対決がスタートしました。子どもたちの真剣な表情に,観ているお友達や支援者からは自然と「がんばれ!」と応援する声が聞こえました。少しバランスが崩れかけることもありましたが両手を動かしたりジャンプをしたり等の工夫をし最後まで頑張ることができました。

次は,サーキットです。先ほど行った片足立ちから始まり,トランポリンやバラバラに置かれたマット,間隔のある跳び石に挑戦しました。どの動きもバランスを保つことを必要とします。2回,3回と回数を重ねるにつれ,片足立ちを続ける時間が伸びたりトランポリンの上を安定して跳んだり等の変化がみられるようになりました。

バランス感覚を養うあそびは,今回取り入れたあそび以外にも平均台,バランスボール,けんけんぱ等さまざまあります。今後も,たくさん身体を動かしながらバランス感覚の向上を目指していきたいと思います♪(工藤)

そら しゃぼん玉

本日は,12月としてはお日様も出てポカポカ暖かい1日でした。

そらグループの子どもたちはテラスに出て「しゃぼん玉」に挑戦です。

子どもたちにとって馴染みの深いしゃぼん玉ですが,子どもさんによって大きい物を作る時にゆっくり息を吹くことが得意だったり,小さい物をたくさん作る時に息を吹き続けることが得意だったりと,子どもたちが吹くしゃぼん玉の大きさは様々です。

大きなしゃぼん玉を作るためには,しゃぼん玉を割らないように口をすぼめてゆっくり息を吐く必要があります。口の形は「す」や「う」に近いですが,すぼめた口をストローに密着させて維持する口周りの筋肉を身に付けることで,発語の際の手助けになります。

また,小さいしゃぼん玉をたくさん吹く息使いは,話をするときの呼吸に繋がり,息を吸うことに合わせて吐く量の調整や声を出すときに空気を出す感覚を掴むきっかけになります。

暖かい日差しの中,少しの時間ではありましたがしゃぼん玉を楽しんだ子どもたち。しゃぼん玉液が無くなると,しっかり言葉で「ください。」と伝えることができました。

子どもたちが吹いたしゃぼん玉が風に乗って空に飛んでいく様子がとても綺麗で,吹くことに夢中だった子どもたちも手を伸ばしたり追いかけたりしながら遊ぶことができました。

 

今後も,普段のあそびの中で子どもたちの伸びていく力を見守りって行きたいと思います。(迫)