今日の給食

 

今日の献立は麻婆豆腐、三色ナムル、ごはん、スープ、パイナップルです。

麻婆豆腐は赤みそとお砂糖を使って子どもたちが食べやすい味付けでした。

お豆腐は好きな子も多く、大豆を使った食材が出る日には、”お豆腐のお友達だね!”と言いながら楽しそうに食べています♪

 

 

大豆は植物性の中で唯一の良質なタンパク質源です。タンパク質は多数のアミノ酸の集まりのことを言います。その中で、私たちの体に特に必要なアミノ酸を必須アミノ酸と言います。

この必須アミノ酸がバランスよく含まれている食材が良質なタンパク質源といい、それが肉、魚、卵、大豆です☆

タンパク質は丈夫で健康な体を作ることに加えて、糖質が枯渇したときにはエネルギーになったり、体の機能やホルモンの維持にも関わるとても大切な栄養素です。

 

タンパク質は運動をあまりしない人でも意識して摂らないと意外と不足しがちです。

主菜のメインのお料理には肉、魚、卵、大豆を使用するなど食事から摂れるようにご家庭でも工夫してみてください♪

 

 

 

 

よつば サーキットあそび

今回はよつばグループのサーキットあそびの様子について紹介します。平均台・トランポリン・梯子・傾斜等,様々な動きに繋げられるようなコースを設定しました。

トランポリンが好きな子どもさんと一緒に支援者が手を繋ぎ,さらに高く飛べるようにサポートすると笑顔が多くみられました。平均台に不安を感じた子も始めは「お願い」と手を繋いでほしいとアピールすることがありましたが何回か繰り返し挑戦したり,支援者が傍で応援したりすることで後半は自分で挑戦してみようと手を離して取り組むことができました!

       
運動1つとっても子ども一人一人好きな遊び方は異なります。個々の好きな遊び方を見ながら得意を伸ばし,苦手なことをスモールステップで目標を設定することで「できた!」という成功体験や自信に繋げていきたいと思います。 (下池)

今日の給食

 

今日の給食は鶏肉の塩こうじ焼、冬瓜の水晶煮、オクラの納豆和え、ごはん、味噌汁です。

冬瓜を使用した夏らしい献立でした☆彡

 

 

冬瓜は”冬”という字が入るので一見冬の野菜のようですが・・・瓜科のかぼちゃと同じで夏が旬の野菜です。冷暗所であれば冬まで保管できることから”冬瓜”という表記になったといわれています。

水分たっぷりのみずみずしい食感が夏らしく、翡翠色の見た目も涼しそうです。

 

 

食べ物から季節を感じることができるのも四季のある日本の良いところです。

その季節にならないとなかなかお店に並ばない野菜もあるので、お子さんと一緒にお買い物に出かけた際は、お話のきっかけにしてみてください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

2G 貼り絵

7月8日(木)、2グループの皆さんで、貼り絵を行いました。来月に夏祭りがあり、利用者さんに「どんな貼り絵がしたいですか」と聞き取りを行うと「ヨーヨー釣り」「かき氷」「ひまわり」などの意見があがりました。その中から「ヨーヨー釣り」の貼り絵に決まりました。ヨーヨーの写真を見ながら「水色とピンク色がいい」と貼り絵に使う折り紙の色を決め、細かくちぎる作業に取り組まれました。
いよいよ下絵にちぎった色紙を貼る作業を行い、白い紙が見えないように丁寧に貼り付けられ、「うわぁー、綺麗なヨーヨーが出来た。」などの嬉しそうな声が上がりました。
また、今後も季節を感じられる貼り絵を作っていきたいと思います。

ほし 指先あそび

室内あそびでは,身体を動かすあそびだけでなく机上や感触あそび等座って取り組む活動も設けています。今回は,支援者と一緒に指先の使い方の確認をしたり身に付けたりすることをねらいに指先あそびの中で動物の顔に洗濯ばさみを付けました。

最初に支援者が手本を示しながら洗濯ばさみの掴み方を伝えると自分なりに模倣しますが,なかなか開かない洗濯ばさみを不思議そうに見つめていました。手添え支援を行いながら「パチパチ付けようね。」と言葉などで伝えることで子ども達も分かりやすく回数を重ねるごとに1人で開くことができるようになりました。開くことができるようになると,非利き手で動物の顔を押さえ,利き手で洗濯ばさみを持ち好きな場所に付けて動物の髭や耳に見立てて遊ぶことができました。

  

顔に付けてライオンに見立てたり,お魚の背びれに洗濯ばさみ同士を長く付けたりと自分なりに工夫しながら楽しむ姿も見られました。また,台紙に挟むことが難しい子どもには支援者が洋服に洗濯ばさみを付けることで,手で引っ張って取り手先の使い方を経験することができました。

  

身近にある洗濯ばさみで,子どもたちから新しい遊び方を発見したり支援者が提供したりすることで最後まで集中して取り組むことができました。今後も子どもたちからのアイディアを大切にしながら遊びを展開していきたいと思います。(大坪)

7月14日(水)に花グループの活動で、ジュースを自動販売機で購入し、テラスで楽しむティータイムを行いました。最初に自動販売機の利用方法等の説明を受けて、写真の中から好きなジュースを選び、その後に、明星学園やサポート明星にある自動販売機で、ジュースを購入しました。ボタンを押すのが、楽しくて何回も押そうとされる様子やジュースを手に取って笑顔を見せる利用者さんもいました。最後は全員でテラスで美味しそうに飲まれて、ゆっくりとした時間を楽しまれました。

 

 

 

 

 

 

盆踊り練習

暑くなってきましたが、保育園の子ども達は元気いっぱいです。石谷の森保育園では、季節の行事を楽しみ、異年齢のお友達への関 わり方を体験することをねらいに夏祭りを開催します。夏祭りの中で盆踊りがあり、今子ども達は練習に取り組んでいます。

盆踊りは乳児クラスと幼児クラスに分かれて実施します。乳児クラスは「ドラえもん音頭」、幼児クラスは「忍たま音頭」を踊ります。円になり歩きながら踊ることに苦戦していた幼児クラスの子どもたちも、練習を重ねるごとに段々と踊れるようになってきています。曲中も大きな声で掛け声を出すことができ、本番も盛り上がること間違いなしです。

 

夏祭りは「金魚すくい」「的当て」「玉入れ」があります。世間では、お祭りが中止になるところが多いので、保育園で少しでもお祭りの雰囲気が味わえると嬉しいです。

 

※乳児夏祭り7月29日、幼児夏祭り8月3日実施予定。

にじ 椅子取りゲーム

曲をよく聞きながら歩くことと,勝敗を受け止めて参加することをねらいとして,椅子取りゲームをしました。

まず,曲を聞くことを意識し,全員が座ることができるように,人数分の椅子を用意しました。音楽が止まったことが分かると,ぴたっと動きを止めて椅子に座ることができました。また,椅子が空いていることが分かると「ここの椅子が空いてるよ。」とお友達に教え,思いやりのある行動もみられました。支援者が「前のお友達を追い越さないようにゆっくりと歩いてね。」と声を掛けると,椅子を見て座るタイミングを窺いながら歩くことができました。

次に,勝敗を受け止めて参加することができるように,椅子を1つずつ減らしてゲームをしました。座ることができなかった際は少し落ち込む様子がみられましたが「あともう少しだったね。もう1回できるから座って待っていてね。」と声を掛けると,座ってお友達の活動を待つことができました。お友達の活動を見ながら応援している姿もみられました。音楽が止まりそうになると,急いで椅子に座ろうとする姿がみられ,集中してゲームをすることができました。

その他のゲームでも勝敗によって気持ちが左右されることがありますが,勝敗を受けとめる力も必要になっていきます。勝つことの嬉しさや負けた時の悔しさを感じながらも,勝敗を受けとめられるようになってほしいと思います。(五反田)

よつば 片栗粉粘土あそび

よつばグループでの片栗粉粘土あそびを紹介します。
さらさらの片栗粉を触ったり,水を含んだ片栗粉粘土を触ったりしました。

カップですくってタラーっと垂れていく様子をじっと見たり,ぎゅっと握ると硬くなったりする不思議な片栗粉粘土に興味津々の子どもたち!時間いっぱい片栗粉粘土の感触を楽しみました!

片栗粉とお水があればご家庭でも簡単に作ることができますよ!機会がありましたらぜひ取り入れてみて下さい☆(橋本)

季節体験(そうめん)

7月24日(土)季節体験(そうめん)が行われました。感染対策としてそうめんを流すことは出来ませんでしたが、一つずつ小分けにしたそうめんをつるんと美味しそうに召し上がっていただきました。今後も気温が上がっていきますので、涼しい食べ物で食欲を維持していきましょう。