グループ活動(海)

11月19日(木)に海グループのグループ活動として障害物競走が行われました。フラフープくぐり→輪投げ→ボール入れの種目があり、最初のフラフープくぐりは、足元から頭のところまでくぐる競技でした。途中、腰の辺りでフラフープを回してからくぐる様子も見られ楽しまれていました。次の輪投げは、4つの輪っかを使用しましたが、輪投げが成功するたびに嬉しそうにされていました。最後のボール入れは、箱の中にボールを投げ入れる競技でした。投げる位置をテープで決めており、少し距離があったため、中々難しい競技でしたが、1回で入れることができた利用者、一度入らなかった利用者も再度チャレンジして入れることができました。久しぶりのグループ活動でしたが、たくさんの笑顔が見られ、楽しい活動になりました。

ほし 季節の制作

最近,子どもたちが園庭に落ちているどんぐりを見つけると,嬉しそうに握りしめている様子をよく見るため,今回は『どんぐりのでんでん太鼓』を作りました。

まずは,クレヨンでコップにお絵描きをしました。コップやクレヨンを提示して「何色がいいかな?」と問い掛けると,「青!」と言葉で答えたり指差しで伝えたりすることができました。

また,コップは,普段のお絵描きで使用する画用紙とは違って丸みがあるため少し描きにくいですが,手でしっかりと押さえながら描くことができました。思い思いに色を塗ると,支援者や近くのお友達に「見て。」と満足そうな表情でコップを見せる子どもたちでした。

次に,どんぐりの形をした画用紙に目と口を貼りました。以前は身体の部位の位置の理解が難しい様子でしたが,定期的に活動で取り組んだことで,今では手本を見る前に正しい位置に貼ることや手本を模倣しながら貼ることができるようになりました。

どんぐりをコップに貼ったら完成です。コップを振ると,コップに付けた鈴の綺麗な音が鳴り,嬉しそうな表情をする子どもたちでした。

今後も,季節感の味わえるものを取り入れながら楽しい活動を考えていきます!(マルデリ)

クリスマス準備

今年も残すところあと一か月となり、街も少しずつクリスマスムードになってきましたね。

いこいの丘でも「世間に後れを取るな!」と、最初はミニツリーから少しずつ飾り付けを始めました。

 

飾り付けを「これはどこだろか?ここけ?」と皆さんで相談しながら付けていき、途中男性利用者さんから

「クリスマスは苦しみます」と、お決まりの昭和のダジャレも飛んで来ますが、「ハイハイ、あなたもこれを付けんね」と

やんわりいなし、一つ付けていく毎に皆さんの笑顔も増していきます。そして全てを付け終わり電飾が点灯されると、

「わあ、綺麗かなあ!」「家にもあればよかなあ!」と大満足!

 

翌日も吊るし飾りや窓のデコレーションを行いましたが、日頃引っ込み思案な方や、横になって過ごすことが多い方も

生き生きとした様子で窓を飾り、少しずつ室内のクリスマスモードも高まっていきます。

まだまだやりますよ!完成したら又ご報告させていただきます。

今年は一年の殆どを新型コロナに振り回され、皆さんや自分の健康に殊更注意を払う年でしたが、

いこいの丘では幸いどなたも感染することなく過ごすことが出来ました。

このまま元気にクリスマスやお正月を迎えられるよう、一層の対策を行っていきたいと思います。

 

つくし かくれんぼあそび

つくしグループのかくれんぼあそびの様子についてご紹介します!今月のかくれんぼあそびでは「支援者が隠れている間はパーテーションの中で待つ」「支援者を見つけたら『みーつけた!』と言う」2つのルールを意識することをねらいとしました。子どもたちが鬼役で,支援者が隠れる役をしました。

みんなで10数えている間に,支援者とダミーとして用意した馬のロディが隠れます。「もういいかい」「もういいよ」の合図で新聞紙をめくったり,テントを覗いたりして一生懸命探すことができました。支援者を見つけると「みーつけた!」「先生いたー!」と嬉しそうに伝えてくれました!

1人ずつ順番に取り組んだ後は隠れるグループと探すグループに分かれて遊びました。「こっちにしようかな~」「一緒に隠れよう!」とお友達と声を掛け合い,工夫しながら参加することができました。

活動後,園庭に行くと,支援者と一緒にかくれんぼの続きを楽しむ子どもたちもいました。遊具に隠れ,支援者に見つかると「見つかっちゃったぁ!」と笑顔を見せる子どもたち。

 

今後もルールや約束事を意識しながらお友達と一緒に楽しめる活動を提供していきたいと思います。(上原)

にじ 糸掛け遊び

 上手な指先の使い方を身につけることを目的として、糸掛け遊びをしました!ハリネズミにいろんな色の毛糸を掛け、クレヨンでハリネズミのお顔を描きました。ねらいは手首や指先を使って、集中して取り組むことでした。子どもたちは糸を掛ける場所、色のバランスなどを考えて取り組む様子も見られました。引き続き、いろいろな活動を取り入れていきたいです。

そら 紙遊び

 保有する感覚の活用をねらい、新聞紙の感触を楽しむことを目的として紙遊びをしました。新聞紙をビリビリに破いたり、それをすくってヒラヒラと落としたり、丸めてボールにして投げ合ったりと楽しみました!また、ウレタンブロックでお城を作り、その周囲を新聞紙で飾り付けをするなど様々な楽しみ方をして、紙遊び活動を満喫した子どもたちでした!

ほし 音楽リズム遊び

 ウクレレや太鼓などを使って音楽リズム遊びをしました!音楽の刺激により行動を調節したり、楽器や振動、布の感触を楽しむことをねらいとし、音楽を介して他児や支援者とのコミュニケーションをとることを目的としました。支援者と一緒にじっくりとウクレレの弦を触って弾いたり、太鼓を隅々まで観察したり、手のひらでしっかりと叩いたりと楽器に興味津々な子どもたちでした。

11月のクッキング~クラッカーサンド~

今月のクッキングは、クラッカーサンド作りでした。
クラッカーにいちごジャムやチョコレートクリームを塗り、もう1枚のクラッカーで挟んで作りました。

クッキングは午後からの活動だったため、グループでは午前の活動の制作でクッキングの練習を行いました。クラッカーに見立てたカードにジャムの代わりとしてスライムを塗って挟む作業をし、午後のクッキングへのイメージ作りに繋げました。

午後からのクッキングでは練習の成果を発揮できたようで楽しく上手に作ることが出来ていました。

   

 

お友達同士で「見て見て~‼」「美味しいね」とお話ししながら食べる様子が見られ楽しいクッキングとなりました。

今後もクッキングなどの食育を通して、食への興味や意欲に繋げていきたいです。(中川)

~11月のセレクトメニュー~

今月のセレクトメニューは「肉うどん」or「卵うどん」でした!

廊下に掲示してある献立の写真を見て「やった~!今日は選べるご飯だ!」と喜ぶ子ども達。楽しみにしている様子が伝わってきました。

 

実物を見せ「どっちがいいかな?」と尋ねると「こっちがいい!」と指さしたり、「僕はお肉にする」と言葉で伝えたりして自分で選択することが出来ました。
完食する子どもさんがいつもより多かったように感じます。

  

これからも子ども達の「楽しい食事」に繋がるような食育を取り入れていきたいと思います。(中川)