明星・ディライト夏祭り

8月21日に明星・ディライト合同の夏祭りが開催されました。利用者の方々はとても楽しみにされていて、準備の様子を見つめ、待ち遠しい様子でした。お昼にはかき氷・綿あめ・スポーツレクリエーション、夕方からはバーべキューと花火大会が実施されました。年に一回の行事なので皆さんとても楽しまれており、暑い気候の中でしたが、かき氷を食べひんやり気分を味わうことができたのではないかと思います。

 

  

夕方はお肉や焼きそばを食べ、満腹になった後、花火を見て夏を感じることができたのではないかと思います。

 

ほし 感触あそび(春雨・わかめ)

 

今回は,春雨とわかめで感覚遊びをしました。素手で春雨とわかめの感触に触れたり,食具を使い手首の使い方を確認したりすることをねらいに行いました。また,食具を遊びの中に取り入れることでスプーンやフォークですくう練習にも挑戦しました。普段給食で食べている子ども達は,「今日のつるつる遊びは楽しみ。」と活動を心待ちにしている様子でした。

初めに,素手で春雨を触り春雨の感覚を肌で感じました。職員が「どんな感じかな。」と子ども達に聞くと,「つめたい。」,「つるつるしてる。」と感じたことを言葉で伝えることができました。春雨を素手で触るのが苦手な子どもには,普段使っている食具のスプーンを渡すことで間接的に春雨に触ることができました。また,春雨に色をつけて赤色,青色と確認しながら感触あそびを通して色の認知の向上にも繋げました。

 

次に子ども達にわかめを渡しました。わかめを触ることが初めての子ども達にとって「どんな手触りだろう。」と恐る恐る触っている様子でした。「ヌルヌルしている。」,「いつもお汁に入っているわかめだ。」と子ども達が知っている情報を職員に一生懸命教えていました。わかめを顔に貼り付けたり,素手で触れたり色々な遊び方を発見して楽しむことができました。

また,スプーンやフォークの持ち方を確認して,すくいやすい方法を子どもたちと確認をしました。食具の練習も遊びの中で行うと,子ども達が意欲的に取り組めるようです。

 

今回は春雨で感触あそびを行いましたが,氷や片栗粉粘土など身近な物で感触あそびができます。ぜひ,ご自宅でも感触あそびを行ってみてください。                              (米山)

4グループ社会体験

8月7日(水)鹿児島市立ふるさと考古歴史館に行って来ました。
見学の他に火起こし体験や土器風鈴作り、土笛作りなどがあり、今回はみんなで土器風鈴を選び作りました。講師の先生の説明やお手本を真剣な表情で観て聴いて頑張って風鈴の形を作ったり、模様を描いたり、できあがりを嬉しそうに見せてくれました。

1グループ社会体験(買い物)

8月19日に社会体験で薩摩川内市に買い物体験に行きました。昼食ではラーメン屋に行き、好みのラーメン、ご飯、餃子を注文していました。ラーメンができあがると、皆さん熱々のスープに浸っている麺に息を吹きかけて冷ましながら、おいしそうに食べられていました。食べ終わると皆さん「お腹いっぱいなったよ」と言って満足そうにされていました。

昼食後は、ニシムタ川内店で買い物をしました。おやつを購入したり、自分の買いたいものを前もって決めている方は望みのものを購入しに行ったりと、皆さん自分で選んで購入されていました。好きな物を購入した後は嬉しそうに職員に何度も教えてくださいました。

買い物の後は、東郷温泉に行きました。皆さん一日の疲れを癒すかのように気持ちよさそうに湯に浸かられていました。また「○○買ったよ」「ラーメン美味しかった」など、今日の楽しかったことを振り返りながら、終始満足されている様子でした。

防災訓練

8月17日に防災訓練がありました。今回はディライトの二階からの火災を想定しての避難訓練を行いました。災害は「いつ」「どこで」「何時」起きるかわからないので、いくつも避難経路や避難方法を知っておくことが大切だと感じました。

水あそび(児発):季節の遊びを楽しむ。

水あそびの日は,子ども達がプールバッグを持ち,楽しみに来所します。
それぞれ,小さなプールやたらいに入り,自分が安心して遊べるスペースを作る様子がみられます。
じょうろやシャワーを使いながら,少しずつ水に慣れていきます。

 

  

 

休憩時間には水分補給をした後に,金魚すくいあそびをして時間がくるのを待ちます。
金魚すくいには両手の協調動作が大切です。みんなで玩具を共有するために,一人でたくさん使いすぎないように「カップがいっぱいになったら金魚を水に返してあげる」というルールを決めています。

 

  

 

最初は水に濡れることに対して抵抗があった子も,回数を重ねるうちに,顔や頭が濡れても平気になりました。

 

  

 

水あそびの後はみんなでお弁当を食べました。
給食も大好きな子ども達ですが,お弁当の日はいつも以上に楽しみな様子です。お友達と話をしたり,お弁当を見せ合いっこしたりしながら美味しく食べました。

 

  

 

 

まだまだ暑い日が続きますが,みんなで季節を感じられる遊びを楽しみましょうね。

にじ 宝物探し

 

 

本日は,友達と協力することと相手の考えを想像することをねらいとして,めばえ全体を使った宝物探しゲームを行いました。初めて行う『宝物探し』という名前に,朝から「どんなことするの?」,「楽しみだな!」等とわくわくした表情で支援者に話を聞きにくる子どもたちに内容を説明すると「早くしよう!」と興奮した様子でした。2つのチームに分かれ,代表者のじゃんけんで“隠すチーム”と“探すチーム”が決まると,いよいよ待ちに待った宝物探しゲームのスタートです。

“隠すチーム”は3つの宝物を隠します。今回は,ガムテープの芯で作った王冠を宝物に見立てます。2人ずつのペ  アで話合って隠し場所を考えます。草の繁みや玩具の箱の裏,隠してみてから少し離れて確認すると「やっぱり見えるから別の場所にしよう!」と,探す相手のことを想像しながら隠し場所を選ぶことができていました。

“隠すチーム”が隠し終えるまで絵本や紙芝居の読み聞かせをしていた“探すチーム”は,お友達がどこに隠したのかを考えながら,制限時間内に宝物を探し出します。スタートの合図と同時に走り出す子どもたち。「あっちを探そう!」,「ここは無いから砂場じゃない?」等と話合いながら,あらゆる場所を探した結果,3個中2個の宝物を見つけ出すことができました!見つけられなかった1個は,砂場に埋められていました。まさかの隠し場所に「えー!」と驚く“探すチーム”と得意げな“隠すチーム”の子どもたち。次は,役割を交替して再挑戦しました。今度は砂場に隠すだけでなく,隣に別の砂山を作ってカモフラージュをする等,どんどん隠し方に工夫がされていきました。

活動が終わった後,お互いに「楽しかったね。」,「またしたいね。」等と声を掛け合う子どもたちに,支援者からもう1つの遊びが発表されました。朝からめばえ中に隠されていたキラキラシール付きのボール20個。この宝物を「10個見つけたらにじのお友達の勝ちですよ。」と伝えると,「どこどこ?分からない!」と大興奮の子どもたち。めばえにいる間,いつも見ないような窓や廊下の天井,椅子の下等を楽しそうに探していました。

みんなで見つけた宝物は15個。見事,子どもたちの勝利です!ちなみに,見つかっていない宝物は今も隠したままです。誰が見付けてくれるのか楽しみにしていますね!(玉利)

水遊び

夏休みも8月に入り,残り少なくなってきました。少し淋しい気もしますが...

 

子どもたちが楽しみにしている水遊びは夏ならではの活動です。てきぱきと着替えを済ませ,いざプールへ!ボールや水鉄砲で遊んだり水を掛け合いながらキャッキャッと大はしゃぎ。猛暑の日々が続きますが,暑さに負けず元気一杯夏休みを満喫しています。

花火を描こう!

お絵描き活動で吹き絵を行いました。
見本を示すと,「やってみたい!」とすぐに興味を示しワクワクした表情の子どもたち。絵具を垂らし,ストローで息を吹きかけて模様を作ります。強く吹きかけると空一杯の花火の絵が完成!緑やピンク,青色などカラフルな大輪の花火が出来上がりました。

色鉛筆やクレヨンを使ってお絵描きをすることが多いですが,子どもたちは吹き絵という新しい技法で普段したことのない活動に夢中になって取り組んでいました。

とうもろこし収穫

8月3日(土),施設の畑で育ったとうもろこしの収穫をしました。

収穫方法を教えてもらい,さあ挑戦!「採ったどー!」と大きく実ったとうもろこしを持って満面の笑みを見せてくれました。収穫したとうもろこしは塩ゆでしてみんなで美味しくいただきました。