基本理念・沿革

基本理念

基本理念

目的

社会福祉法人常盤会は、昭和41年設立以来、障害のある方や地域の方々が人として豊かな人生を送っていただけることを願ってまいりました。
 主に知的障害児・者を対象とした入所施設・通所施設をはじめ、障害者の地域生活支援として、グループホーム等の開設、就労を目指す多機能型事業所の開設など、利用者さま・ご家族に向けた総合的福祉サービス支援に努めてまいりました。
 さらに近年は、地域活動支援への移行推進や保育園の開設をはじめ、地域社会の多様なニーズに応えるための取組みを展開しております。
 これからも乳幼児から高齢者までを視野に入れ、地域に愛され地域に貢献できる「開かれた法人」を目指して、誠心誠意の福祉サービスを進めてまいります。

沿革

昭和38年10月 久木元 弘、明星学園の創立を志す
昭和41年4月 明星学園 許可・開園(定員50名)
初代施設長 久木元 弘
昭和45年4月 重度障害児施設の指定を受ける
昭和46年2月 社会福祉法人「常盤会」設立認可
(厚生省収児第111号)
初代理事長 久木元 弘
昭和46年3月 法人設立登記
昭和49年5月 天皇陛下より御下賜金を賜る
昭和55年4月 児童通園施設 ひこばえ学園 開園(30名)
平成3年4月 入所更生施設 明星学園成人部 開園
(定員30名・重度20名)
平成3年4月 明星学園 定員変更(30名)
平成5年11月 理事長 久木元 弘 厚生大臣表彰受賞
平成6年4月 ひこばえ学園 増員認可(定員35名)
平成7年6月 理事長 久木元 弘 九州愛護福祉賞受賞
平成10年4月 理事長 久木元 弘 勲五等端宝賞受賞
平成15年4月 短期入所事業、居宅介護事業 開始
平成15年5月 通所更生施設 サポート明星 開設(定員30名)
平成15年9月 地域生活援助事業
常盤会サポートハウス・1 開設(定員4名)
平成17年8月 明星学園 改修工事完了
平成17年10月 常盤会第二代理事長 久木元 司 就任
平成18年4月 在宅支援センター・ハートフル 開設
(短期入所事業・居宅介護事業・行動援護事業・重度訪問介護事業・移動支援事業・日中一時支援事業・福祉有償運送事業)
平成18年4月 相談支援センター・明星学園 開設
平成19年9月 第三者評価 受審(1回目)
平成20年4月 明星学園成人部 新体系移行(障害者支援施設)
(施設入所支援事業30名・生活介護事業35名)
平成20年4月 サポート明星 新体系移行(生活介護事業35名)
平成21年3月 明星学園成人部 多目的棟「カシオペア」 竣工
サポート明星 多目的棟「シリウス」 施工
平成21年4月 明星学園成人部 増員認可(生活介護事業・40名)
平成21年4月 サポート明星 増員認可(生活介護事業・40名)
平成22年4月 障害福祉サービス事業所ウィズ 開設(多機能型)
(生活訓練事業10名・就労継続支援事業B型10名)
平成22年6月 一体型共同生活介護等事業所 常盤会サポートハウスⅡ開設(定員15名)
平成22年7月 第三者評価 受審(二回目)
平成22年8月 社会福祉法人城山福祉会と合併
身体障害者複合施設「しろやまの風」経営開始
(身体障害者通所授産施設しろやま・しろやまデイサービスセンター・福祉ホームしろやま)
平成22年10月 常盤会サポートハウスⅢ 開設(定員8名)
平成23年4月 しろやまの風 新体系移行(多機能型事業所)
(生活介護事業18名・就労継続支援事業B型12名)
平成24年4月 明星学園 新体系移行(障害児入所施設・障害者支援施設)
(児童入所支援10名・生活介護事業20名・施設入所支援事業20名)
平成24年4月 ひこばえ学園 児童発達支援センターへ新体系移行
(改称:発達支援センターひこばえ)
(児童発達支援35名・保育所等訪問支援・障害児相談支援)
平成24年4月 しろやまの風 定員変更(生活介護事業20名・就労継続支援事業B型10名)
平成24年4月 障害福祉サービス事業所ウィズ 事業追加に伴う定員変更
(生活訓練事業6名・就労移行支援事業6名・就労継続支援B型15名)
平成24年4月 相談支援センター・明星学園を、新体系移行に伴い改称
「相談支援センター・ハートフル」
(特定相談支援・一般相談支援(地域移行・地域定着)・障害児相談支援)
平成24年4月 共同生活住居 常盤会サポートハウスⅡ 定員変更(定員17名)
平成24年6月 共同生活住居 常盤会サポートハウスⅤ 開設
(坂之上石塚・定員5名)
平成24年8月 常盤会サポートハウスの事業所名及び住居名の変更
・常盤会サポートハウス・1 → サポートハウスⅠ
 住居①:常盤会サポートハウス・1 → サポートハウス草牟田
・常盤会サポートハウスⅡ  → サポートハウスⅡ
 住居①:常盤会サポートハウスⅡ  → サポートハウス坂之上向原
 住居②:常盤会サポートハウスⅢ  → サポートハウス谷山東麓
 住居③:常盤会サポートハウスⅤ  → サポートハウス坂之上石塚
平成24年8月 共同生活住居 サポートハウス皇徳寺 開設(定員5名)
平成25年4月 共同生活住居 サポートハウス谷山中央通 開設(定員16名)
平成25年4月 明星学園成人部を「ディライト」へ改称
平成25年5月 児童支援センターしろやま 開設(放課後等デイサービス20名)
平成25年5月 障害福祉サービス事業所ウィズ 事業内容の変更
(主たる事業所:生活訓練事業6名・就労移行支援事業6名
・就労継続支援B型10名)
(従たる事業所:「プメハナ」就労継続支援B型10名)
「レストラン&カフェ『プメハナ』」オープン
(ハートピアかごしま内の喫茶コーナーにて)
平成25年6月 しろやまの風 定員変更(生活介護事業25名)
平成25年8月 ヘルパーステーション サポート 開設
(居宅介護事業・行動援護事業・重度訪問介護事業・移動支援事業・福祉有償運送事業)
平成26年3月 第三者評価 受審(三回目)
平成26年3月 一体型共同生活介護等事業所 セルフサポートハウス開設
共同生活住居 サポートハウス別府東 (定員6名)
共同生活住居 サポートハウス石塚南 (定員5名)
平成26年3月 一体型共同生活介護等事業所 サポートハウスⅠ 廃止
平成26年8月 生活介護事業所 奏の丘 開設(生活介護事業20名)
平成26年8月 児童発達支援センター 発達支援センターめばえ 開設
(児童発達支援20名・保育所等訪問支援・障害児相談支援)
平成27年3月 明星学園・発達支援センターひこばえ 改修工事完了
平成27年4月 奏の丘 増員認可(生活介護事業25名)
平成27年4月 発達支援センターめばえ 増員認可(児童発達支援30名)
平成27年4月 障害福祉サービス事業所ウィズ 増員認可(生活訓練9名)
平成27年4月 小規模多機能施設いこいの丘 定員変更(登録18名)
平成27年6月 発達支援センターめばえ 事業の追加
(放課後等デイサービス事業10名)
平成27年12月 本部移転(常盤サンシャインビルへ)
平成28年3月 セルフサポートハウス増設
共同生活住居 サポートハウス別府東 定員変更(定員7名)
共同生活住居 サポートハウス向陽 開設(定員7名)
平成28年3月 サポートハウスⅡ短期入所開始(定員3名)
共同生活住居 サポートハウス坂之上向原 定員変更(定員16名)
共同生活住居 サポートハウス谷山東麓 定員変更(定員7名)
共同生活住居 サポートハウス谷山中央通 定員変更(定員15名)
平成28年4月 児童発達支援事業所 サニーキッズ 開設(児童発達支援10名、放課後等デイサービス10名)
平成28年4月 児童発達支援事業所 あゆみ 開設(児童発達支援10名)
平成28年4月 奏の丘 増員認可(生活介護事業30名)
平成28年5月 発達支援センターひこばえ 定員減許可(定員30名)
平成28年7月 地域子育て支援センター ドリームキッズ 開設
(発達支援センターめばえ内にて)
平成28年12月 しろやまの風 定員変更(生活介護事業30名)
しろやまの風 地域活動支援センター事業廃止
平成29年3月 第三者評価 受審(四回目)
平成29年4月 セルフサポートハウス
共同生活住居 サポートハウス別府東 定員変更(定員6名)
共同生活住居 サポートハウス JR坂之上開設(定員3名)
共同生活住居 サポートハウス 別府開設(定員4名)
サポートハウスⅡ
共同生活住居 サポートハウス 錦江台開設(定員7名)
平成29年4月 奏の丘 増員認可(生活介護事業40名)
平成29年4月 認可保育所 石谷の森保育園 開設(定員50名)
認可保育所 野火止保育園 開設(定員75名)
平成29年4月 地域子育て支援センター ドリームキッズ 移転
(石谷の森保育園内にて)